森まさあき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 まさあき(もり まさあき、1955年 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー静岡県静岡市出身。本名、森雅章。

日本アニメーション協会副会長。東京造形大学教授。数多くのSFX(特殊効果映像)、アニメーションCMを手がける。日本におけるクレイアニメーションの第一人者。

略歴[編集]

中央大学商学部会計学科卒業。レイ・ハリーハウゼンに触発されて、大学在学中から8mmフィルムによるコマ撮り怪獣映画の自主制作を開始。「CMシリーズ」(1976)でFUJI FILM主催 FUJI8mmコンテスト1977年「学生賞」、「麻婆豆腐との遭遇」(1977)でPARCO主催JPCFコンテスト1977年「PARCO賞」など受賞。

伝説のSFビジュアル誌「スターログ」日本版のライターとして特撮解説記事などを担当しながら、1980年(株)アニメーションスタッフルームに入社。ディレクター、アニメーターとしてアニメーション及びエフェクトを多用した多くのCMを手掛ける。

同社にて初期のCGなども数多く手掛けるが、作り手の個性が出しにくいCGに疑問を感じていた1986年頃より、粘土<クレイ>を素材としたアニメーションを手掛け始め、自ら創り動かすアナログ作業の素晴らしさに開眼。CMや番組オープニング、展示映像などで、次々とクレイアニメーション作品を生み出す。 特にフジTVとんねるずのみなさんのおかげです 番組オープニング**「ガラガラヘビがやってくる」(1991)は企画、演出、キャラクターデザイン、アニメーションまでをこなし、代表作となった。

1989年フリーとなり、1990年(有)モリクラフトアニメーション設立。クレイアニメを中心に、手作りのクラフト・アニメーションを目指す。2005年より東京造形大学に着任、専任教授となる。2006年に会社形態を解体し、現在は教育職の傍ら、フリーとしても創作活動をする。

日本人離れしたポップな色合いと、個性的なキャラクターデザイン、抜群のアニメーションセンスが特徴。

代表作[編集]

TVCM[編集]

  • S&B スパイス&ハーブ、マジック・ソルト
  • 花王スーパーメリーズ (2012年まで)
  • 東都自動車グループ
  • 任天堂 ピクミン2
  • DyDo 葉の茶
  • 博多ぽてと
  • チロルチョコレート バラエティパック
  • 小学館コロコロコミック でんじゃらすじ~さん
  • ロート製薬セラシーン
  • LION プライム
  • 東リ パネルカーペット
  • 出光まいどカード
  • 日産プレーリー など

TV番組[編集]

ミュージックPV[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]