板坂耀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

板坂 耀子(いたさか ようこ、1946年 - )は、日本の国文学者、作家。専門は日本近世文学福岡教育大学名誉教授。

略歴[編集]

大分県生まれ。九州大学文学部国文科卒、1975年同大学院文学研究科博士課程中退、1994年「江戸の旅と文学」で文学博士熊本短期大学講師、愛知県立女子短期大学助教授を経て、福岡教育大学教授。2010年退職、名誉教授[1]

近世紀行文が専門。1971年「復讐」で集英社の第4回小説ジュニア新人賞佳作となり、小説も書いた。板坂元の姪にあたる。

著書[編集]

  • 『かげりゆく光の中で』集英社文庫コバルト 1979
  • 『従順すぎる妹』丸善名古屋出版サービスセンター(私家版)(鳩時計文庫)1982
  • 『江戸を歩く 近世紀行文の世界』葦書房 1993
  • 『江戸の旅と文学』ぺりかん社 1993
  • 『江戸の女、いまの女』葦書房 1994
  • 『江戸の旅を読む』ぺりかん社 2002
  • 『動物登場』弦書房 2004
  • 平家物語 あらすじで楽しむ源平の戦い』中公新書 2005
  • 『私のために戦うな』弦書房 2006
  • 『集団内の役割分担 文学作品のパターンに見る』花書院(金時計文庫)2007
  • 『江戸の紀行文 泰平の世の旅人たち』中公新書 2011

編纂など[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 板坂耀子先生・工藤重矩先生退職記念号「福岡教育大学国語科研究論集」2010-02

外部リンク[編集]