板坂元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いたさか げん
板坂 元
生誕 (1922-11-21) 1922年11月21日
中華民国の旗 中華民国(北京政府)南京市
死没 (2004-07-26) 2004年7月26日(81歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州エセックス郡ヘイブリル
出身校 東京大学
職業 日本文学者・評論家

板坂 元(いたさか げん、1922年11月21日 - 2004年7月26日[1])は、日本の評論家日本文学者。近世文学専攻。

来歴[編集]

1922年(大正11年)、中華民国南京市生まれ。父は開業医で南京居留民団長だった板坂瑠一。板坂家は17代続いた医師の家系で、江戸時代は大村家に藩医として代々仕えた。

帰朝し、子供時代を長崎で過ごす[2]。1943年(昭和18年)9月、旧制佐賀高校文科乙類(ドイツ語)を繰り上げ卒業。10月、東京帝国大学文学部国文科に入学[3]。12月、学徒出陣小倉市の野戦重砲連隊に入営。のち第6航空情報連隊に配属。武漢など大陸を転戦し、1946年(昭和21年)復員[4]

1950年(昭和25年)、東京大学を卒業。同大学院修士課程に進み、研究を続けながら武蔵高等学校で教鞭をとる。

1953年(昭和28年)、西鶴や芭蕉の当時未知の句を多数含む稀書『詞林金玉集』を宮内庁書陵部で発見し、学界に紹介した。また、この年から時枝誠記編『例解国語辞典』(1956年)の執筆に参加した。

1954年(昭和29年)、修士課程を修了し成城大学に赴任。翌年にかけて『広辞苑』初版(1955年)の執筆に当時の妻・竹内美智子と共に参加した。

1955年(昭和30年)、森銑三の「西鶴の作品で実際に西鶴が書いたものは『好色一代男』のみ」という説をめぐり『文学』誌上で論争となった。

1957年(昭和32年)9月よりイギリス・ケンブリッジ大学で日本語・日本文学を講じた。また、同大学の江戸時代文献の目録作成に従事した。1958年に生まれた長女・幾久子(板坂きっこ、Kiko Itasaka)は、のちのNBCニュース東京支局長。

1960年(昭和35年)ライシャワー教授に招かれてアメリカ合衆国・ハーバード大学へ赴任し、その後24年間にわたり日本語・日本文学を講じた。招聘の目的の一つはライシャワーが戦前著した日本語教本を二人で改訂することだったが、ライシャワーがケネディ政権の駐日大使に任命されたためすれ違いとなり、事実上一人で改訂作業を行った(名義上はヒベットと共著)。

在米中に『Kodansha Encyclopedia of Japan(英文日本大百科事典)』の編集長を務めた。当時ハーバードの学生だった小和田雅子(現皇后陛下)は、アルバイトで編集作業に参加したことがある。

1985年(昭和60年)帰国、創価大学客員教授、創価女子短期大学教授、同大副学長を務めた。近世文学専門だが、50代からはアメリカ事情、日本文化論のほか、知的生活指南、セックス談義、文章入門など雑多な一般書を数多く著した。

著書[編集]

  • 『日本人の論理構造』講談社現代新書 1971
  • 『ああアメリカ 傷だらけの巨像』講談社現代新書 1973
  • 『考える技術・書く技術』正続 講談社現代新書 1973,1977
  • 『日本語横丁』至文堂選書 1974 のち講談社学術文庫 1978、改題「日本語を外から見れば」創拓社 1989
  • 『日本文学三六五日』(上・下) 講談社現代新書 1974
  • 『町人文化の開花』講談社現代新書 1975
  • 『日本語の表情』講談社現代新書 1978
  • 『アメリカ診断』講談社 1978
  • 『何を書くか、どう書くか』光文社(カッパブックス)1980 のちPHP文庫 1997
  • 『遥かなる隣国アメリカ』講談社 1980
  • 『ミーの時代はグルメを生む』ダイヤモンド社 1981
  • 『アメリカン・リポート』読売新聞社 1981
  • 『アメリカを読む』ティビーエス・ブリタニカ 1982 のち旺文社文庫 1985
  • 『ニュー・クラスのアメリカ』文藝春秋 1982
  • 『市民感覚のアメリカ人』福武書店 1982 のち旺文社文庫
  • 『新アメリカン・リポート』読売新聞社 1983
  • 『能率人間のリラックス教本 競争社会に生きる』ベストセラーズ(ワニの本)1983  「能率人間の知的時間のつぶし方」文庫
  • 『猥褻な話大好き 紳士用それとも淑女用ですか』ベストセラーズ(ワニの本)1983 「紳士・淑女のためのこんな性の話もある」文庫
  • 『外から見る日本 内から見る世界 グローバル対談』グリーンアロー出版社 1984
  • 『ハーバード通信』文藝春秋 1984
  • 『板坂元のアメリカンルール』ダイヤモンド社 1984
  • 『英語人種のエチケット教本 ニッポン人の文明開化講座』ベストセラーズ(ワニの本)1984 「エチケットの「なぜ?」教えます」文庫
  • 『アメリカ流男のこもん・せんす』PHP研究所 1984 のち文庫 1990
  • 『“漢字"おもしろ教養読本 あなたの知性は試される』文化創作出版(マイ・ブック)1984
  • 『たっぷりアメリカちょっとずつ』講談社 1985
  • 『板坂元のアメリカうんちく詀詀』講談社 1985
  • 『ちょっとマジメにあの話 男と女の大学問』講談社 1985 「もっと愉しくアノ話」ワニ文庫 1990
  • Gates to Japan: Its People and Society AOTS chosakai,1986
  • 『アメリカナウ・アンド・ゼン』潮出版社 1986
  • 『板坂元の江戸再発見』読売新聞社 1987
  • 『たまには性の話もいいもんだ 男と女、どっちがエッチか』ベストセラーズ(ワニの本)1987
  • 『知的仕事の技術 遊びの技術 ガムシャラ人間はダメになる』文化創作出版(マイブック)1987
  • 『知的仕事のマナー術 知らなきゃ、大恥! 金と力のビジネスだけでは失敗する』文化創作出版 1987
  • 『怯えるアメリカ人 傲慢の裏の真実を読め』光文社(カッパ・ブックス)1988
  • 『実年のための知的生活入門 人生はこれからが面白い』正続 PHP研究所 1988-1991 「人生後半のための知的生活入門」「人生後半のための知的生きがい入門」文庫
  • 『異文化摩擦の根っこ』スリーエーネットワーク 1988
  • 『「粋」の人間学「野暮」の仕事術 日本人はここが面白い・ここがおかしい』大和出版 1989
  • 『板坂元のおもしろ雑学四文字熟語』三笠書房 1989
  • 『実力発揮は演出しだい 交渉と説得の技術』大陸書房 1989
  • 『国際派感覚が身につく本 続-「粋」の人間学「野暮」の仕事術』大和出版 1989
  • 『文房具が好きな人の本 選び、使い、楽しむコツ 私のこだわり方』日本実業出版社 1989
  • 『考えなければ、幸福は生まれない。「豊かな人生」への28の視点』PHP研究所 1989 「人生後半のための優雅な生き方」文庫 1994
  • 『「アメリカ」がわかれば「日本」が見えてくる 知米派no.1が明かす「Time」の裏読み・45項』大和出版 1989
  • 『ことばの技術』フォー・ユー 1990
  • 『日本人「豊かさ」の中での堕落 欲ボケ、幸せボケの頭を切り換える発想』大和出版 1990
  • 『いま問題の快楽大研究 異説・新説の効能はいかに 板坂元の-90年代レポート』ベストセラーズ(ワニの本)1990
  • 『異文化見聞録』全4巻 中野書店 1990-1991
  • 『接待会話話のネタ本 すぐ役に立つ たちまち親密になるとっておき』経済界(タツの本)1990
  • 『知性は邪魔しない Not snob,be smart』ダイヤモンド社 1991
  • 『あ、性談が止まらない 珍説・ジョーク・秘密の話』ベストセラーズ(ワニ文庫)1991
  • 『エピグラム思考 ちょっと変えるだけでこの名案 革命的発想術』青春出版社(プレイブックス)1991
  • 『博学教授のおもしろ読本 ちょっと粋な話』同文書院(快楽脳叢書)1991
  • 『キラリと光る文章技術 企画書も小論文も怖くない 「新しさ」「面白さ」をどう表現するか』ベストセラーズ(ワニの本)1992 「極めつきの文章読本」文庫
  • 『うっかり日本語クイズ 仕事に勝つ!』同文書院(快楽脳叢書)1992
  • 『リトルブランドディクショナリー』同文書院 1992
  • 『頭にやさしい歴史雑学 つい話したくなる話』同文書院(快楽脳叢書)1992
  • 『ちょっと小粋な話』PHP研究所 1992 「人生後半のための知的紳士学」文庫 1996
  • 『日本を知る その暮らし365日』スリーエーネットワーク(にほんごのきそシリーズ)1992 新訂版 2003
  • 『語源と謎解き 日本語を探る!』同文書院(快楽脳叢書)1992
  • 『紳士の小道具』小学館 1993
  • 『「思いつき」を企画にする技術 誰もがやっているちょっとした工夫』同文書院(快楽脳叢書)1993
  • 『色恋江戸の本―知らなくてもいい面白話』同文書院 1993
  • 『男の作法』日本能率協会マネジメントセンター 1993 のちPHP文庫
  • 『ここで失敗する日本語マナー ほんとうの敬語』同文書院(快楽脳叢書)1993
  • 『語源の日本史探検―こんな日本語の意外な史実』同文書院(快楽脳叢書)1993
  • 『紳士の文房具』小学館 1994
  • 『「人生」という時間の過ごし方 自分自身の人生を楽しむための処方箋』芸文社 1994 のちPHP文庫
  • 『男と女のセクシー・ジョーク 思わず絶句!ちょっと過激なアノ話』日本文芸社・にちぶん文庫 1994
  • 『老うほどに智恵あり』PHP研究所 1994
  • 『「業界」用語の基礎知識』日本実業出版社 1995
  • 『紳士の美学』PHP研究所 1995
  • 『紳士の作法 テーブルマナーからビジネスマナーまで』PHP研究所 1995 のち文庫
  • 『英語で話す「日本の謎」Q&A 外国人が聞きたがる100のWHY』1996 講談社インターナショナル
  • 『紳士の悦楽』PHP研究所 1996
  • 『紳士の食卓』小学館 1996 「男のこだわり」PHP文庫 1999
  • 『板坂元の「知的生活」事典』PHPエディターズ・グループ 1997
  • 『男だけの愉しみ』PHP研究所 1997
  • 『男のたしなみ』PHP研究所 1997 のち文庫
  • 『鞄の中の仲間たち』経済界 1997
  • 『日本を創った100人』講談社インターナショナル 1998
  • 『紳士の粋』小学館 1998
  • 『発想の智恵表現の智恵』PHP研究所 1998
  • 『男の装い』PHP研究所 1998
  • 『日本を愉しむ暮し方』PHP研究所 1999
  • 『日本語の「語源」ものしり辞典』大和出版 2000
  • 『男の小道具 できるビジネスマンは本物が似合う』PHP研究所 2001

共編著・監修[編集]

翻訳・校注[編集]

  • 井原西鶴好色一代男』著 岩波書店 1957, 1991
  • 『けいせい洗髪』古典文庫 1960(解説)
  • 松尾芭蕉『おくのほそ道』白石悌三共校注・現代語訳 講談社文庫 1975
  • ジャック・スワード『こもんせんす New Japanese & American's』三笠書房 1981
  • ダニエル・ヤンケロビッチ『ニュールール』三笠書房 1982
  • ノーマン・マルコムウィトゲンシュタイン 天才哲学者の思い出』講談社現代新書 1983 のち平凡社ライブラリー
  • ポール・ファッセル『階級 「平等社会」アメリカのタブー』光文社 1987 のち文庫
  • 『フダン着の国際人たち 日本人の国際性を問う 「ダグラス・ラミス」インタビュー集』片柳佐智子, 家本清美, 能登幸子, 小藤美智子共訳) バベル・プレス 1988
  • スコット・エデルスタイン『アメリカ・カレッジ・マニュアル』荒竹出版 1989
  • S・カーター& J・ソコル『今ベッドで何が… 愛と性・男と女の衝撃の証言著』フォー・ユー 1991

脚注[編集]

  1. ^ Gen Itasaka (1923 - 2004) - Find A Grave Memorial
  2. ^ 蛭のような唇とはどんな唇 板坂元 『男の装い』 PHP研究所 (平成10年7月 第1版第1刷)
  3. ^ 浅井清 『新研究資料 現代日本文学 第3巻』 明治書院 2000年
  4. ^ 人生後半のための優雅な生き方 PHP文庫 1994年