松田たみ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 たみ子(まつだ たみこ、1954年6月 - )は、日本看護学者である。 現在群馬大学医学部保健学科看護学専攻教授。専門は地域看護学。[1]

来歴・人物[編集]

専門分野[編集]

看護技術・清潔ケア

  • 根拠に基づく看護技術の開発研究
  • 清拭技術に含まれる要素が生体に及ぼす効果の解析

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『考える看護技術Ⅰ第3版』(ヌーヴェルヒロカワ、2007年)
  • 『考える基礎看護技術Ⅱ第3版』(ヌーヴェルヒロカワ、2007年)

論文[編集]

  • 『看護ケアとしての足部マッサージ中および終了後における自律神経活動指標の評価』(日本看護研究学会雑誌、2008年)
  • 『圧力の異なる末梢部温湯清拭が皮膚血流反応に及ぼす影響』(日本看護研究学会雑誌、2008年)
  • 『日々の清潔ケアを振り返る』(月刊ナーシング、2007年)
  • 『快適な生活環境整備のための照明調節』(ナーシング トゥデイ、2007年)

所属学会[編集]

  • 日本看護研究学会(監事)
  • 日本看護科学学会
  • 日本看護技術学会
  • 日本生化学会
  • 日本生理人類学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本産業教育学会

脚注[編集]

  1. ^ 群馬大学 大学情報データベース
  2. ^ 博士論文書誌データベース