松尾長造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつお ちょうぞう
松尾 長造
Chozo Matsuo.jpg
生誕 (1891-05-16) 1891年5月16日
死没 (1963-05-21) 1963年5月21日(72歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文科大学
職業 官吏教育者
松尾長造
松尾長造

松尾 長造(まつお ちょうぞう、1891年明治24年)5月16日[1] - 1963年昭和38年)5月21日[2])は、日本文部官僚広島女子高等師範学校校長。

経歴[編集]

長崎県出身。1917年大正6年)、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業[3]1920年(大正9年)、第八高等学校教授となる[3]。ついで文部事務官督学官書記官、宗教局宗教課長・保存課長、社会教育局成人教育課長・庶務課長などを歴任し、1937年(昭和12年)に宗教局長となり、1940年(昭和15年)には図書局長に転じた[3]

1945年(昭和20年)、広島女子高等師範学校校長に就任した[2]。戦後は二松學舍大学教授を務めた。

著書[編集]

  • 『宗教団体法解説』(仏教聯合会、1939年)

脚注[編集]

  1. ^ 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年、215頁。
  3. ^ a b c 日本官界名鑑 1942.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十七年版』日本官界情報社、1942年。

関連文献[編集]

  • 大澤広嗣 「宗教団体法制定と文部省宗教局長の松尾長造」(『佛教文化学会紀要』第22号、2013年11月、 NAID 40019861778