東海道名所記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東海道名所記』(とうかいどうめいしょき)は江戸時代前期に浅井了意によって著された東海道仮名草子

概要[編集]

神社仏閣名所旧跡を訪ねながら江戸より宇治までを旅する名所記で、万治2年(1659年)に成立したと推定される。全6巻の構成となっている。

巻1

江戸 - 大礒

巻2

小田原 - 江尻

巻3

府中 - よし田

巻4

ごゆ - 庄野

巻5

亀山 - 山科

巻6

山科 - - 宇治

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

参照[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]