朝倉剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝倉 剛(あさくら かたし、1926年9月29日[1]- 2000年5月9日)は、フランス文学者。

横浜市生まれ。1950年東京大学文学部仏文科卒業。同大学院をへて、名古屋大学講師、愛知県立女子短期大学助教授、東京外国語大学助教授、教授、92年定年退官、名誉教授。1993-97年日本フランス語フランス文学会会長。専攻はフランス17世紀文学で、多くの翻訳をなした。

共著[編集]

  • 『パリの友人たち Michele Massip Mizubayashi』駿河台出版社 1984

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 翻訳書訳者紹介

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』