有本紀明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有本 紀明(ありもと としあき、1940年 - )は、日本スペイン文学者。

神戸市生まれ。1964年大阪外国語大学イスパニア語科卒業。1972年、スペイン、ナバラ大学大学院博士課程修了、文学博士天理大学助教授、教授中京大学教授、2011年定年

著書[編集]

共編
  • 『和西辞典 改訂版』エクトル・フローレス、布施温、寺崎英樹共編 白水社 2001

翻訳[編集]

  • ホセ・ガルシア・ロペス『スペイン文学史』東谷穎人共訳 白水社 1976
  • カミロ・ホセ・セラ『パスクアル・ドゥアルテの家族』講談社 1989
  • カミロ・ホセ・セラ『ラ・アルカリアへの旅』講談社 1991
  • カミロ・ホセ・セラ『ラサリーリョ・デ・トルメスの新しい遍歴』講談社 1992
  • カミロ・ホセ・セラ『二人の死者のためのマズルカ』講談社 1998
  • ハビエル・マリアス『白い心臓』講談社 2001

参考[編集]