有吉保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有吉 保(ありよし たもつ、1927年8月1日 - )は、国文学者、日本大学名誉教授。『百人秀歌』の発見者。

1951年日本大学法文学部国文学科卒業。同大学院を経て1973年「新古今和歌集の研究 基盤と構成」で日大文学博士。日大文理学部助教授、教授、1997年定年退任、名誉教授。2008年秋、瑞宝中綬章受勲。中古・中世の和歌研究者で、特に『新古今和歌集』、『歌論書』、『百人一首』を研究。

著書[編集]

  • 千五百番歌合の校本とその研究』風間書房 1968
  • 『新古今和歌集の研究 基盤と構成』三省堂 1968
  • 『百人一首 陽明文庫旧蔵』桜楓社 1981
  • 西行 花の下にて春死なん 王朝の歌人8』集英社 1985
  • 『新古今和歌集の研究 続篇』笠間書院 1996
  • 『歌人の風月 西行の桜定家の風の色』翰林書房 1997
  • 『勅撰和歌集入門 和歌文学理解の基礎』勉誠出版 2009

編纂など[編集]

  • 千五百番歌合 古典文庫 1962-1963
  • 三代集新抄 岸上慎二共編 桜楓社 1970
  • 歌論集 橋本不美男藤平春男と校註訳 小学館 1975.4 (日本古典文学全集)
  • 千載和歌集の基礎的研究 日本大学千載和歌集研究会共編 1976 (笠間叢書)
  • 鑑賞日本古典文学 第17巻 新古今和歌集・山家集金槐和歌集 松野陽一、片野達郎共編 角川書店 1977.3
  • 中世日本文学史 1978.5 (有斐閣双書)
  • 新古今和歌集 尚学図書 1980.10 (鑑賞日本の古典)
  • 和歌文学辞典 桜楓社 1982.5
  • 百人一首(全訳注)1983.11 (講談社学術文庫)
  • 和歌文学講座 第6巻 新古今集 勉誠社 1994.1
  • 和歌文学講座 第7巻 中世の和歌 勉誠社 1994.1

記念論集[編集]