最後のシュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのうた
最後のシュート
歌手 さそり座
作詞者 杉山加奈
作曲者 杉山加奈
編曲者 森田雅彦
映像 実写
初放送月 1987年12月-1988年1月
再放送月 2012年12月8日2013年1月5日(以上リクエスト
その他 アルバム「チャイム」所収
テンプレートを表示

最後のシュート」(さいごのシュート)は、日本楽曲作詞作曲:杉山加奈。1987年12月から、NHKの歌番組『みんなのうた』で放送された。

概要[編集]

バスケットボール部員を主人公とした歌。引退試合で惜敗(59点対60点)し、涙とともに部活動を引退する少女の心境が綴られている。映像は実写を用いた。収録地は埼玉県入間市の入間市立西武中学校。

『みんなのうた』では1番のみの放送であるが、アルバムに収録されている2番では、主人公の少女が部室に戻る様子が描かれている。部室には後輩の折った千羽鶴があり、少女はユニフォームに顔を埋めて泣く。

長らく再放送はされていなかったが、NHK Eテレの『みんなのうたリクエスト』で、2012年12月8日2013年1月5日に四半世紀ぶりの再放送となった。

アルバムとの相違[編集]

「最後のシュート」はSWAYのアルバム『チャイム』に収録されている。『みんなのうた』放送分とアルバム収録分とでは、以下のような相違がある。

  • 編曲
    • 『みんなのうた』では森田雅彦の編曲で、金管楽器などの対旋律が目立っていたが、アルバムはピアノを主体としている。なお、アルバムの編曲者は丸尾めぐみ。
  • 歌詞
    • 『みんなのうた』の最後では引退後も時々教えにくると語りかけているが、アルバムの歌詞では時々しごきにくる、となっている。