明石家さんまに聞きたかったのはそういうコトだったのねスペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明石家さんまに聞きたかったのは
そういうコトだったのねスペシャル
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
出演者 明石家さんま
羽鳥慎一(声の進行)
質問者の項も参照
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年11月28日
放送時間 21:00 - 23:24
放送分 144分
番組紹介

特記事項:
ナレーション:服部潤
テンプレートを表示

明石家さんまに聞きたかったのはそういうコトだったのねスペシャル』(あかしやさんまにききたかったのはそういうコトだったのねスペシャル)は、日本テレビ系で、2008年11月28日21:00 - 23:24(JST)に放送されたバラエティ番組であり、日本テレビ開局55年記念番組の一環でもある。

番組内容[編集]

  • 明石家さんまがスタジオ内でVTR画面ごしの出演者に対し、質問・意見・疑問・愚問にすべて答えていくという内容。収録は2日間に分けられ2回目の収録は1回目の収録から2週間経過してから行った。
  • この番組は、スタジオ出演はさんま一人のみである。さんまは出演者が映っているモニタに独りで話すということになり、さんまの普段の芸風である、リアルタイムでの丁々発止を一切封印するという、実験的な演出となっている。
  • 視聴率は、11.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)であった。

ネット局・放送時間[編集]

出演者[編集]

司会[編集]

声の進行[編集]

質問者(VTR出演)[編集]

※50音順

スタッフ[編集]

関連番組[編集]

外部リンク[編集]