揖斐高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

揖斐 高(いび たかし、1946年9月18日 - )は、近世日本文学の研究者。成蹊大学文学部名誉教授日本学士院会員。近世漢詩、特に柏木如亭が専門。

経歴[編集]

福岡県出身。1971年東京大学国文科卒、1976年同大学院博士課程単位取得満期退学。1978年度第5回日本古典文学会賞受賞。1999年文学博士。1999年『江戸詩歌論』で第50回読売文学賞(翻訳・研究部門)受賞。2010年『近世文学の境界』で第18回やまなし文学賞角川源義賞受賞。2011年紫綬褒章受章。2017年日本学士院会員に選ばれる。

大学院生時代に、富士川英郎『江戸後期の詩人たち』(麦書房)に出会い、近世漢文学研究を志した。(富士川による改訂版(筑摩叢書)のあとがきで、著者のもとに訪れた学生についての記述があるが、新版(平凡社東洋文庫)解説を執筆した揖斐は、その学生は自分のことだと回想している)

著書[編集]

校注・共著[編集]

 清水茂・大谷雅夫共注、岩波書店 1991
  • 『新日本古典文学大系 64 蘐園録稿 如亭山人遺稿 梅敦詩鈔』 
 日野龍夫水田紀久共注、岩波書店 1997
 入谷仙介山本芳明・大谷雅夫・宮崎修多・杉下元明共注・解説
  • 『日本の古典 江戸文学編』 鈴木健一共編、放送大学教育講座 2006

外部リンク[編集]