捨 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
捨, ウペッカー
英語 Equanimity
パーリ語 उपेक्खा
(upekkhā)
サンスクリット語 उपेक्षा
(upekṣā)
日本語
(ローマ字: Sha)
クメール語 ឧបេក្ខា
(Upekkha)
仏教
波羅蜜
 
十波羅蜜
布施
持戒
出離
精進
忍耐
真諦
   
六波羅蜜
布施
持戒
忍耐
精進
禅定
 
同色は両者に存在する項目

仏教用語(しゃ)とは、パーリ語ウペッカー: upekkhā: upekṣāウペクサー, : equanimity)に由来し、人々(生きとし生けるもの)に対して平静な心を持つこと[1]。心の平静。かたよりのないこと[2]。心が平等で苦楽に傾かないこと[3]

説一切有部五位七十五法のうち、大善地法の一つ。唯識学五位百法のうち、善心所の一つ[3]

四無量心四梵住・捨」の一つ[3]

七覚支(択法、精進、軽安、捨、)の一つ[3]

三受(苦、楽、捨(不苦不楽))の一つ[3]

慈愛の瞑想[編集]

上座部仏教テーラワーダ仏教)圏では、ウィパッサナーの基礎として、慈愛の瞑想(mettā bhāvanā, 慈悲の瞑想とも)と呼ばれる瞑想が行われる[4]。これは名称としては「慈(慈愛)」(メッター)のみが前面に出て来るが、内容的には四無量心の「慈・悲・喜・捨」全ての要素が含まれており[5]、「捨」の要素も含まれている。

日本テーラワーダ仏教協会アルボムッレ・スマナサーラ長老によると、「捨」は「感情の波が立たない」平静な心であるが、それは「鈍感で、何も興味がない、気にしない、無関心、閉鎖的で自分の世界にだけ閉じこもっている」ということではなく、「人々・生命のことを、(直情的に反応するのではなく)どうすれば問題解決できる(できた)かを智慧を以て見守る気持ちで観る」ことだという[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 中村元他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。 ISBN 4-00-080072-8
  • 櫻部建 ; 上山春平『存在の分析<アビダルマ>―仏教の思想〈2〉』角川書店角川ソフィア文庫〉、2006年。 ISBN 4-04-198502-1(初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)

関連項目[編集]