愛甲恵子 (翻訳家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛甲 恵子(あいこう けいこ、1976年 - )は、日本翻訳家。主にイランの絵本の日本語訳を行っている。

経歴[編集]

ペルシャ語東京外国語大学、大学院で学ぶ。その後イランの留学を経て現在は翻訳活動の他、イランのイラストレーターの紹介なども行っている。

翻訳[編集]

  • フルーツちゃん! 詩の国イランの絵本1 (作ハミード・トラーブリー、文ジャアファル・エブラーヒーミー、2006年4月、ブルース・インターアクションズ)
  • ごきぶりねえさんどこいくの? 詩の国イランの絵本2 (再話M・アーザード、絵モルテザー・ザーヘディ、2006年5月、ブルース・インターアクションズ)
  • アフマドのおるすばん 詩の国イランの絵本3 (文フェレシュテ・ターイェルプール、絵メフルヌーシュ・マアスーミヤーン、2006年6月、ブルース・インターアクションズ)
  • ごらん、ごらん、こうやって 詩の国イランの絵本4 (文カーンビーズ・カーカーヴァンド、絵モルテザー・ザーヘディ、2006年7月、ブルース・インターアクションズ)
  • ごすずめの空 詩の国イランの絵本5 (詩モハンマド=ホセイン・モハンマディ、絵モハンマド=マフディ・タバータバーイー、共訳蜂飼耳、2006年8月、ブルース・インターアクションズ)

外部リンク[編集]