復員庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

復員庁(ふくいんちょう)は、陸海軍復員及びこれに関連する事務を司った内閣総理大臣の管理に属する組織である。その総裁といい、国務大臣をもって充てられた。

概要[編集]

1946年昭和21年)6月15日第一復員省第二復員省を統合して復員庁を設置した。2つの局を置き第一復員局が旧陸軍関係を、第二復員局は旧海軍関係を担当した。

1947年(昭和22年)10月15日に復員庁は廃止となり第一復員局は厚生省に移管し、第二復員局は総理府直属となった後、1948年(昭和23年)1月1日に廃止され復員業務は全て厚生省復員局に引き継がれた。このような経緯から、現在でも「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」は防衛省ではなく厚生労働省(具体的には同省社会・援護局が担当)の任務とされている(厚生労働省設置法第3条第2項)。また海軍から引き継いだ日本近海の掃海業務は運輸省に移管され、後に海上保安庁海上自衛隊へと継承された。

組織[編集]

国務大臣復員庁総裁[編集]

氏名 内閣 在任期間 兼務等
1 幣原喜重郎 第1次吉田内閣 1946年6月15日 - 1947年5月24日 副総理
2 笹森順造 片山内閣 1947年6月1日 - 1947年10月15日 賠償庁長官

官房長[編集]

  • 森田俊介:1946年(昭和21年)7月3日 - 1947年(昭和22年)10月15日

第一復員局[編集]

第一復員局長
  • 上月良夫:1946年(昭和21年)6月15日 - 1947年(昭和22年)10月15日
総務部長
  • 荒尾興功:1946年(昭和21年)6月15日 - 1948年(昭和23年)5月31日
業務部長
  • 倉本敬次郎:1946年(昭和21年)6月15日 -
  • 岡林諄吉:1947年(昭和22年)4月30日 - 1948年(昭和23年)5月31日
経理部長
  • 遠藤武勝:1946年(昭和21年)6月15日 - 1948年(昭和23年)5月29日
史実調査部長
  • 宮崎周一:1946年(昭和21年)6月15日 -
  • 服部卓四郎:1946年(昭和21年)12月31日 - 1948年(昭和23年)5月31日
法務調査部長
  • 大山文雄:1946年(昭和21年)6月15日 - 1948年(昭和23年)5月31日
連絡部長
  • 鎌田銓一:1946年(昭和21年)6月15日 - 12月31日

第二復員局[編集]

第二復員局長
  • 前田稔:1946年(昭和21年)6月15日 - 1947年(昭和22年)12月31日
総務部長
  • 山本善雄:1946年(昭和21年)6月15日 - 1947年(昭和22年)12月31日
補給部長
  • 秋重実恵:1946年(昭和21年)6月15日 - 1947年(昭和22年)4月30日
  • 原道男:1947年(昭和22年)8月15日 - 1948年(昭和23年)1月1日
調査部長
  • 竹内馨:1946年(昭和21年)6月15日 -
  • 豊田隈雄:1947年(昭和22年)3月29日 - 1948年(昭和23年)1月1日
連絡部長
  • 横山一郎:1946年(昭和21年)6月15日 - 1948年(昭和23年)1月1日
資料整理部長
  • 上原義雄:1946年(昭和21年)6月15日 -
  • (兼)山本善雄:1946年(昭和21年)12月16日 -
  • 吉田英三:1947年(昭和22年)5月27日 - 1948年(昭和23年)1月1日
人事部長
  • 川井巌:1946年(昭和21年)6月15日 - 1948年(昭和23年)1月1日
経理部長

関連項目[編集]

外部リンク[編集]