彩の国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

彩の国(さいのくに)は、埼玉県が作成した愛称である。埼玉県のPRキャッチフレーズであり、『彩の国さいたま』を省略したものとして使われる。

概要[編集]

この名称は「ダ埼玉」と言われた、埼玉県のイメージアップを推進するために、土屋義彦埼玉県知事であった1992年平成4年)11月14日埼玉県民の日に公募により選定された。「彩」は、埼玉の多彩な魅力や大きな発展の可能性を表している、とする。さらに、埼玉県は「彩の国」という愛称を用いることによって、「埼玉県に対する親しみや愛着を高め」ることを目的として「彩の国キャンペーンマーク」を平成5年11月14日に制定した。

埼玉県が関与する数多くのイベントで定冠詞の様に多用されているが、歴史的必然性のない一部の文字を語呂合わせにした造語であるために、失敗した東日本旅客鉄道の「E電」のように「彩」の字をつけたネーミングは、県内外に浸透する事はなく、最近では地方競馬浦和記念のように「彩の国」を外す動きが多い。

なお、彩の国という愛称は、あくまでも埼玉県の使用する名称であり、さいたま市によるものではない。さいたま市内において「彩の国」という名称がついている公共機関は、すべて埼玉県による機関である[1]

他にも県道及び県管理の補助国道(4・16・17・298号及び各種高速道路以外の県内の各国道)の路線番号案内標識の下段に付属されている設置場所の住所(市町村名・字)を表示している補助板の左上や、これらの道路の交差点の交差点名標識左上(縦書きは右上)に「彩の国」と記載され、県内に相当数設置されている。

彩の国使用名称一覧[編集]

過去の使用例

彩の国に由来して彩のみ採用した名称[編集]

  • 彩甲斐街道 - 国道140号の埼玉県内区間に設定された道路愛称雁坂トンネルが開通し、山梨県と車道で結ばれた記念に「彩の国」と「甲斐の国」が“再開”したという意味合いで命名された。
  • 彩のかがやき・彩のきずな - 埼玉県農林総合研究センターで開発された米の品種[7][8]
  • 南彩農業協同組合(JA南彩) - “南”とあるが、埼玉県南部では無く、北東部方面を管轄とする農協。管轄地域が旧南埼玉郡の北部であることから、南埼玉郡→南埼→南彩の形で命名。
  • T.T彩たま - Tリーグに所属する卓球チーム及びその運営法人名。「T.Tさいたま」という名称案から、『さい』を「彩の国」の『彩』の字に置き換えて正式名称とした。
  • 彩たまご - 熊谷市の企業が展開する鶏卵のブランド[9]
  • 東彩ガス - 埼玉県東部を中心に営業する都市ガス会社
  • 彩尊光 - 越谷市出身の大相撲力士

関連項目[編集]

  • 火の国熊本県の雅称・愛称。埼玉県の愛称募集の際、例として挙げられた。
  • 杜の都仙台市の雅称・愛称。埼玉県の愛称募集の際、例として挙げられた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]