広田栄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広田 栄太郎(ひろた えいたろう、1909年(明治42年)2月8日 - 1974年(昭和49年)5月23日)は、日本国語学者

人物[編集]

東京生まれ。東京帝国大学卒。二松学舎教授文部省国語調査官。国語審議会幹事、戦後の国語国字改良に当たる。のち中央大学教授、大妻女子大学教授。在職中に死去。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『国文学者一夕話』 六文館, 1932
  • 『用字の技術 当用漢字・現代かなづかい・新送りがな』 東京堂, 1959
  • 『近代訳語考』 東京堂出版, 1969
  • 『雨花亭集』 雨花亭, 1976

校訂・共編[編集]

  • 『歎涕和歌集』 宮地維宣, 1943 (岩波文庫
  • 『南山踏雲録』 伴林光平, 金鈴社, 1944
  • 『総合用字用語辞典』 東京堂, 1953
  • 『最新標準国語辞典』 松尾拾共著, 新興出版社啓林館, 1954
  • 『類語辞典』 鈴木棠三共編, 東京堂, 1955
  • 『故事ことわざ辞典』 鈴木棠三共編, 東京堂, 1956
  • 『書道実習講座 第7巻 教育漢字三体字典』 山下涯石筆, 梓書房, 1961
  • 『文章表現辞典』 村松定孝・神鳥武彦共編, 東京堂出版, 1965

参考[編集]

  • 日本人名大辞典