広瀬久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広瀬 久美子(ひろせ くみこ)は、元NHKアナウンサー。旧姓、白石[1]

経歴・人物[編集]

千葉県市川市生まれ。自称「年生まれ」であり生年月日は非公表。従兄に安岡章太郎がいる[1]

東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、早稲田大学文学部国文学科を卒業後、1963年NHK入局。同期には森本毅郎(現:フリーアナ)、山田康夫加賀美幸子村田幸子などがいる。

愛称は『ヒロクミさん』。

アナウンサーとして、ラジオ第一放送では「土曜サロン〜広瀬久美子のラジオワイド」を、前身番組の時代から22年間にわたって担当した。

また総合テレビジョンでは「週刊ボランティア」「平成世の中研究所[2]きょうの料理」「婦人百科」「趣味の園芸」など、ラジオ第一放送では平日の「午後のロータリー」「みんなの茶の間」など数多くの番組や1980年から90年代にかけては総合テレビジョン・教育テレビジョンの放送終了時のアナウンスを担当した。一方で在職中から文部省経済企画庁総務庁(何れも当時)など政府機関の各種審議委員を歴任している。

2000年8月に、NHKを“卒業”。以降はフリーアナウンサーとしてテレビラジオへの出演や講演、執筆など幅広く活動している。また、好きとしても有名。

現在[編集]

主な著書[編集]

  • 「幸せを呼ぶ美人話法」(海竜社)
  • 「介護上手の胸の内」(集英社)
  • 「ことば美人は一生の得」(幻冬舎文庫、海竜社)
  • 「仕事上手は自由への道」(大和出版)
  • 「女の戦は果てしなく」(講談社)
  • 「わが家は猫が器量よし」(洋泉社)
  • 「お局さまのひとりごと 〜スタジオの片隅で〜」(講談社)
  • 「女性の祝辞はハートしだい ~披露宴のスピーチもこれでキ・マ・リ」(長岡書店)
  • 「女の人生度胸しだい ~言葉は切り札~」(リヨン社)
  • 「女の器量は言葉しだい ~本音で生きたい~」(リヨン社)

関連項目[編集]

脚注[編集]