岩見照代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩見 照代(いわみ てるよ、1946年[1] - )は、日本の近代文学研究者[2]

経歴[編集]

神戸市出身[3]

1980年東京大学大学院人文系国語国文学科修士課程を修了し、1981年弘前大学教養部講師となった[3]。この時点で既に結婚しており、娘がいた[3]

1991年イヴォンヌ・レイナー英語版の講演に接したことを契機として、フェミニズム批評に進んだ[4]

その後、麗澤大学教授となり、フェミニズム批評、ジェンダー批評の立場から日本の近代文学を検討する作業を続けた[2]。麗澤大学では、外国語学部で日本語学科主任も務めた[5]

著書[編集]

単著[編集]

共編著・監修[編集]

  • 平塚らいてう『平塚らいてう(作家の自伝 8)』(編)、日本図書センター、1994年10月。ISBN 4820580094
  • 『有島武郎と作家たち』有島武郎研究会(編)、右文書院〈有島武郎研究叢書〉、1996年6月。ISBN 4842195088
  • 関礼子山田有策北田幸恵高田知波との共編著)樋口一葉事典、おうふう、1996年11月。ISBN 4273031914
  • 『女性のみた近代(全2期、53巻)』高良留美子(共編)、ゆまに書房、2000年6月 - 2005年3月。 NCID BA48509962
  • 『近代日本のセクシュアリティ(7 - 12、24 - 29巻)』編、ゆまに書房、2006年7月 - 2009年6月。 NCID BA78473070
  • 『時代が求めた「女性像」(全2期、29巻)』監修、ゆまに書房、2010年10月 - 2014年3月。 NCID BB04046911
  • 『「婦人雑誌」がつくる大正・昭和の女性像(全30巻)』監修、ゆまに書房、2014年11月 - 2016年7月。 NCID BB17745221

脚注[編集]

  1. ^ 岩見照代 1946-”. OCLC Online Computer Library Center, Inc.. 2018年4月12日閲覧。
  2. ^ a b 平成17年度 群馬県立女子大学国語国文学会 総会・研究発表会・講演会”. 群馬県立女子大学国語国文学会. 2018年4月12日閲覧。
  3. ^ a b c “新任教官自己紹介 岩見照代” (PDF). 弘前大学国語国文学会報 (弘前大学国語国文学会) (22): p. 2. (1981年6月8日). http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugokokubun/pdf/22.pdf 2018年4月12日閲覧。 
  4. ^ a b 天野知幸「岩見照代著, 『ヒロインたちの百年-文学・メディア・社会における女性像の変容』, 二〇〇八年六月二八日, 學藝書林刊, 三九四頁, 二八〇〇円」『日本文学』第58巻第1号、日本文学協会、2009年、 68頁。 NAID 110010027690
  5. ^ 麗澤大学韓国同窓会を開催”. 麗澤大学 (2007年8月27日). 2018年4月12日閲覧。