岩淵宏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩淵宏子(いわぶち ひろこ、1945年5月31日- )は、日本近代文学研究者、日本女子大学名誉教授、城西国際大学客員教授。

静岡県島田市生まれ。旧姓・西川、本姓・倉田。名古屋市立菊里高等学校卒、1968年日本女子大学文学部国文科卒、三菱商事入社、70年退社、72年大学院入学、74年同大学院修士課程修了、日本女子大助手、1979年昭和学院短期大学専任講師、85年助教授、91年日本女子大学助教授、96年教授[1]、2014年定年、名誉教授、城西国際大学客員教授[2]

著書[編集]

  • 宮本百合子 家族、政治、そしてフェミニズム』翰林書房 1996

共編[編集]

  • 『フェミニズム批評への招待 近代女性文学を読む』高良留美子北田幸恵共編 学芸書林 1995
  • 『宮本百合子の時空』北田幸恵,沼沢和子共編 翰林書房 2001
  • 『日本女子大学に学んだ文学者たち』青木生子共編 翰林書房 2004
  • 『はじめて学ぶ日本女性文学史 近現代編』北田幸恵共編著 ミネルヴァ書房 シリーズ・日本の文学史 2005
  • 『編年体近代現代女性文学史』北田幸恵,長谷川啓共編 至文堂「国文学解釈と鑑賞」別冊 2005
  • 『ジェンダーで読む愛・性・家族』長谷川啓共編 東京堂出版 2006
  • 『「新編」日本女性文学全集』全4巻 長谷川啓共監修 菁柿堂 2007-12
  • 阿部次郎をめぐる手紙 平塚らいてう/茅野雅子蕭々/網野菊/田村俊子鈴木悦/たち』青木生子,原田夏子共編 翰林書房 日本女子大学叢書 2010
  • 『少女小説事典』久米依子菅聡子、長谷川啓共編 東京堂出版、2015

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 「倉田(岩淵)宏子教授略歴」『国文目白』2015年