岩城之徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩城之徳(いわき ゆきのり、1923年11月3日1995年8月3日)は、日本近代文学研究者、日本大学名誉教授。石川啄木の実証的研究の基礎を築いた。

愛媛県松山市生まれ。日本大学文理学部卒業後、岩見沢女子高等学校(現北海道岩見沢西高等学校)、北海道滝川高等学校定時制教諭を経て、北海道大学大学院を修了。風巻景次郎に師事。北星学園女子短期大学助教授、日大助教授、教授を歴任。1986年、「啄木歌集全歌評釈」「石川啄木伝」で第1回岩手日報文学賞啄木賞受賞。国際啄木学会発起の中心人物となり、会長も務めた。

著書[編集]

  • 啄木歌集研究ノート 第二書房 1952
  • 石川啄木伝 東宝書房 1955
  • 石をもて追はるるごとく 啄木名歌鑑賞 第二書房 1956
  • 石川啄木 吉川弘文館 1961 (人物叢書
  • 石川啄木 1962 (学灯文庫)
  • 石川啄木 明治書院 1965 (写真作家伝叢書
  • 石川啄木詩歌集 講談社、1968 「流離の詩人石川啄木」学燈社 1973
  • 啄木研究二十年 学燈社 1970
  • 啄木評伝 学燈社 1976
  • 名歌鑑賞石川啄木 1979.9 (講談社学術文庫)
  • 石川啄木 桜楓社 1980.4 (短歌シリーズ・人と作品
  • 啄木研究三十年 学燈社 1980.11
  • 啄木歌集全歌評釈 岩城之徳啄木研究三部作ノ二 筑摩書房 1985.3
  • 石川啄木伝 岩城之徳啄木研究三部作ノ一 筑摩書房 1985.6
  • 石川啄木 桜楓社 1986.2
  • 啄木全作品解題 岩城之徳啄木研究三部作ノ三 筑摩書房 1987.2
  • 啄木讃歌 明治の天才の軌跡 桜楓社 1989.3
  • 石川啄木とその時代 おうふう 1995.4
  • 石川啄木と幸徳秋水事件 吉川弘文館 1996.10
  • 声で読む石川啄木 學燈社 2007.2

共編著[編集]

  • 定本石川啄木歌集 学灯社, 1964
  • 近代文学注釈大系 第7 石川啄木 校訂・注釈・解説 有精堂出版 1966
  • 現代短歌評釈 吉田精一,本林勝夫共編 学灯社 1966
  • 回想の石川啄木 天才をめぐる友人たちの記録 八木書店 1967
  • 石川啄木必携 学燈社 1967
  • 東海・北陸 西一祥,藤田福夫共著 学燈社 1974 (文学と史蹟の旅路)
  • 切り絵石川啄木の世界 後藤伸行共著 ぎょうせい 1985.11
  • 現代名歌鑑賞事典 本林勝夫共編 桜楓社 1987.3
  • 石川啄木大全 講談社 1991.6

参考[編集]

  • 文藝年鑑1978