小川晴久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 晴久(おがわ はるひさ、1941年3月8日 - )は、東洋思想学者、東京大学名誉教授、二松學舍大学教授。NPO北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」名誉代表。

愛知県生まれ。1963年東京大学文学部東洋史学科卒、1969年同大学院中国哲学博士課程中退。東京女子大学助教授を経て、1978年韓国延世大学国学研究所客員研究員、1980年東京大学教養学部助教授、1988年同大学教授、2001年同大学定年退官、同大学名誉教授、二松學舍大学、同大学院文学研究科教授。

著書[編集]

  • 『アジアチッシェ・イデオロギーと現代 槇村浩との対話 シバシン文庫』凱風社 1988年
  • 三浦梅園の世界 空間論と自然哲学』花伝社 1989年
  • 『朝鮮実学と日本』 花伝社 1994年
  • 『南の発見と自立』 花伝社 1996年
  • 『朝鮮文化史の人びと』 花伝社 1997年
  • 『実心実学の発見 いま甦る江戸期の思想』編著 論創社 2006年

翻訳[編集]

  • 『韓国近代史 姜万吉』 高麗書林 1986年
  • 『北朝鮮隠された強制収容所 亡命者・脱北者24人の証言』デビッド・ホーク・北朝鮮人権アメリカ委員会・依藤朝子共訳 草思社 2004年
  • 『北朝鮮の人権 世界人権宣言に照らして』ミネソタ弁護士会国際人権委員会・アジアウォッチ編集、 小川晴久・川人博共訳 連合出版 2004年