安達まみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安達 まみ(あだち まみ、1956年10月2日[1]- )は、英文学者、翻訳家、聖心女子大学教授

略歴[編集]

4歳から9歳までロンドンで暮らす[2]。聖心女子大学文学部英文科卒。1982年東京大学大学院英文学専攻修士課程修了。同博士課程満期退学。

聖心女子大学英文科講師、助教授、2006年教授。2009-13年日本シェイクスピア協会会長。2016年英国シェイクスピア・インスティテュート(バーミンガム大学)博士課程修了、PhD(博士号)取得。初期近代英演劇、英国児童文学などを専攻、英文学、評論などを翻訳。

著書[編集]

  • 『イギリス演劇における修道女像 宗教改革からシェイクスピアまで』岩波書店、2017
  • くまのプーさん 英国文学の想像力』光文社新書 2002

共編[編集]

共著[編集]

  • 『石井桃子談話集 子どもに歯ごたえのある本を』河出書房新社、2015
  • Shakespeare Jubilees: 1769-2014,  LIT Verlag, Christa Jansohn, Dieter Mehl eds., 2015
  • 『イギリス文化55のキーワード』木下卓、久守和子編、ミネルヴァ書房、2009
  • 『イギリス哲学の基本問題』寺中平治、大久保正健編、研究社、2005
  • 『共生と平和への道  報復の正義から赦しの正義へ』春秋社、2005
  • Toven matkassa: Muistoja Tove Janssonista, Helen Svensson ed., WSOY, 2004
  • 『<インテリア>で読むイギリス小説 室内空間の変容』久守和子、中川僚子編、ミネルヴァ書房、2003
  • Resa med Tove: En Minnesbok om Tove Jansson, Helen Svensson ed., Schilds, 2002
  • 『シェイクスピア 世紀を超えて』日本シェイクスピア協会編、研究社、2002
  • Hot Questrists After the English Renaissance: Essays on Shakespeare and His Contemporaries, Yasunari Takahashi, gen.ed., AMS Press, 2000
  • 『逸脱の系譜』高橋康也編、研究社、1999
  • 『ベケット大全』高橋康也監修、白水社、1999
  • 『世界文学101物語』高橋康也監修、新書館、1996
  • 『シェイクスピア・ハンドブック』高橋康也監修、新書館、1994

翻訳[編集]

  • スザンヌ・フェイジェンス・クーパー『エフィー・グレイ』岩波書店、2015
  • Mayumi Tomihara, Garm the People’s Watchdog: Tove Jansson and Finland-Swedish Culture’s Definitive Caricature Magazine (監訳)青土社、2014
  • エリック・ラスムッセン『シェイクスピアを追え! 消えたファースト・フォリオ本の行方』岩波書店、2014
  • エドワード・ホーガン『バイバイ、サマータイム』岩波書店、2013
  • ジャッキー・ヴォルシュレガー『シャガール 愛と追放』白水社、2013
  • マーク・ローグ、ピーター・コンラディ『英国王のスピーチ 王室を救った男の記録』岩波書店、2012
  • 『革命の嵐のなかで マリアの御心会創立物語』教友社、2009
  • フィル・キルロイ『マドレーヌ=ソフィー・バラ キリスト教女子教育に捧げられた燃ゆる心』冨原眞弓共訳 みすず書房、2008
  • ケネス・ウォーカー『箱舟の航海日誌』光文社古典新訳文庫 2007
  • ゲアリー・ブラックウッド『シェイクスピアの密使』白水社、2005
  • ジャッキー・ヴォルシュレガー『アンデルセン ある語り手の生涯』岩波書店、2005
  • マリーナ・ウォーナー『野獣から美女へ おとぎ話と語り手の文化史』河出書房新社、2004
  • ジェレミー・トラフォード『オフィーリア』白水社、2004
  • A・マングェル、G・グアダルーピ『完訳 世界文学にみる架空地名大事典』高橋康也と共監訳、講談社、2002
  • ゲアリー・ブラックウッド『シェイクスピアを代筆せよ!』白水社、2002
  • ゲアリー・ブラックウッド『シェイクスピアを盗め!』白水社、2001
  • エレン・ハンドラー・スピッツ『絵本のなかへ』青土社、2001
  • アン・スウェイト『クマのプーさんスクラップ・ブック』筑摩書房、2000
  • モートン・N.コーエン『ルイス・キャロル伝』高橋康也監訳 佐藤容子、三村明共訳 河出書房新社、1999
  • D・クリスタル編『岩波≂ケンブリッジ世界人名辞典』金子雄司、冨山太佳夫日本語版編集、岩波書店、1997
  • ジャッキー・ヴォルシュレガー『不思議の国をつくる キャロル、リア、バリー、グレアム、ミルンの作品と生涯』河出書房新社、1997
  • C.S.エヴァンス編『シンデレラ新書館、1995
  • ロン・ハンセン『恍惚のマリエット』白水社、1994
  • イノック・ブレイター『なぜベケットか』白水社、1990
  • A・マングエル、G・グアダルーピ『架空地名大事典』高橋康也編、講談社、1984

事典[編集]

  • 『英語文学事典』木下卓、窪田慶子、高田賢一、野田研一、久守和子編、ミネルヴァ書房、2007
  • 『20世紀英語文学辞典』上田和夫、渡辺利雄、海老根宏編、研究社、2005
  • 『シェイクスピア辞典』高橋康也、大場建二、喜志哲雄、村上淑朗編、研究社、2000

論文[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 聖心女子大学 教員interview