安藤常次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 常次郎(あんどう つねじろう、1900年11月11日 - 1994年9月28日[1])は、日本の国文学者。

福岡県生まれ。俳号・安藤のりを。福岡県立中学修猷館を経て、1926年早稲田大学文学部国文科卒業。

早稲田大学教育学部教授、71年定年退職、名誉教授。武蔵野女子大学教授[2]。能狂言を専門とした。

著書[編集]

  • 『川柳・狂歌』学灯文庫 1956
  • 『季節感と日本の文芸』校倉書房 1981
  • 『謡曲狂言と近世の文芸』安藤常次郎先生米寿記念刊行会編 わんや書店 1986

共編・校注など[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年