安東伸介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安東 伸介(あんどう しんすけ、1932年7月1日 - 2002年4月22日)は、イギリス文学者。

来歴[編集]

東京出身。慶應義塾高等学校卒、1955年慶應義塾大学文学部英文科卒。西脇順三郎厨川文夫に学び、1957年同大学院修士課程修了、62-63年福澤基金によりオックスフォード大学留学。1957年同文学部助手、62年専任講師、65年助教授、71年教授。1997年に退職、名誉教授[1]帝京平成大学教授、山脇学園短期大学教授。中世英文学が専門で、由良君美高橋康也浅利慶太と親しかった。死後10年を経て、初の著述集である『ミメーシスの詩学:安東伸介著述集』が出版された。

著書[編集]

共編著[編集]

論文[編集]

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年

脚注[編集]

  1. ^ Biography and selected publications of Shinsuke Ando 安藤伸介, 岩崎春雄両教授退任記念論文集「藝文研究」1997