安住洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安住 洋子(あずみ ようこ、1958年 - )は、日本時代小説作家。埼玉県在住。

兵庫県尼崎市生まれ、大阪府枚方市育ち。大阪信愛女学院短期大学卒業。学習塾で国語科教材制作に携わりながら小説を書きはじめる。当初は童話を書いていたが、時代物に転じると頭角を現した[1]。会社員の夫の転勤で2度、米国で生活した経験がある。

1999年、「しずり雪」で第3回長塚節文学賞短編小説部門大賞を受賞。文芸評論家池上冬樹は「しずり雪」について、「新人なので短所もあるけれど、たたずまいの美しい文章、手触り感のある細部、風景と内面のリリカルな感応と美点がいくつもある。いつか化けること必至の気鋭の登場だ」[2] と評価した。2012年、『春告げ坂 小石川診療記』で第18回中山義秀文学賞候補。

著書[編集]

  • 『しずり雪』(小学館、2004) のち小学館文庫
  • 『夜半の綺羅星』(小学館、2005) のち文庫
  • 『日無坂』(新潮社、2008) のち文庫
  • 『いさご波』(新潮社、2009) のち文庫
  • 『春告げ坂 小石川診療記』(新潮社、2011)ISBN 978-4-1030-7063-4
  • 『遙かなる城沼』小学館、2014

脚注[編集]

[ヘルプ]