太田善麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 善麿(おおた よしまろ、1918年7月13日-1997年1月31日)は、日本の国文学者。

東京府出身。東京帝国大学文学部国文科卒。東京学芸大学助教授、1966年教授、73年学長。82年定年退官、名誉教授、上智大学教授。「古代日本文学思潮論」により1967年日本学士院賞受賞[1]。上代文学・近世国学が専門。

著書[編集]

  • 『古代日本文学思潮論 第1篇 (発祥史の考察)』桜楓社出版 1961
  • 『古代日本文学思潮論 第2篇 (古事記の考察)』桜楓社出版 1962
  • 『古代日本文学思潮論 第3篇 (日本書紀の考察)』桜楓社出版 1962
  • 『古代日本文学思潮論 第4編 (古代詩歌の考察)』桜楓社 1966
  • 塙保己一吉川弘文館 人物叢書 1966
  • 古事記物語』社会思想社 現代教養文庫 1971
  • 『論考「記紀」』群書 1981
  • 『上代文学古典論』おうふう 1999

共編著[編集]

  • 『女性のための国文学』編、光文書院、1965
  • 『思老教育の基本と課題』松島鈞共編 群書 1991
  • 『国文学』岡田鯱彦ほか共編 おうふう 1993
  • 村上専精『佛教統一論 新編』新校監修 群書 1997

訳・注釈[編集]

記念論文集[編集]

  • 『太田善麿先生退官記念文集』太田善麿先生退官記念文集刊行会 1980
  • 『国語国文学論叢 太田善麿先生古稀記念』群書 1988
  • 『古事記・日本書紀論叢 太田善麿先生追悼論文集』群書 1999

論文[編集]

脚注[編集]