天野恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天野 恵(あまの けい、1952年5月1日 - )はイタリア文学・文化研究者[1]京都大学教授。

略歴[編集]

京都大学文学部編入学、イタリア文学科卒、1985年同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学、京都大学文学部助手、1988年山陽学園短期大学助教授、96年山陽学園大学助教授、1999年京都大学文学研究科イタリア文学科助教授、2007年准教授、2010年教授。イタリア学会会長(2010年度ー2013年度)、公益財団法人日本イタリア会館理事長。

研究テーマ[編集]

  1. アリオスト
  2. マンゾーニ

共著[編集]

  • 『イタリアの詩歌 音楽的な詩、詩的な音楽』鈴木信吾、森田学共著 三修社 2010

翻訳[編集]

学術論文[編集]

  • 「オルランド・フリオーソ第37歌をめぐって」、『イタリア学会誌』、1986年
  • 「アリオストの火器批判」、『イタリア学会誌』、1991年
  • 「オルランド・フリオーソ第33歌、フランス軍敗退史をめぐって」、『イタリア学会誌』、1994年
  • 「アリオストの1532年1月15日付マントヴァ公宛書簡」、『イタリア学会誌』、1998年
  • 「C版『フリオーソ』出版直前の改変」、『イタリア学会誌』、1999年
  • 「ルネサンスの人々 5 ボルソ・デステとその時代(1)」、『イタリアーナ』、1993年
  • 「ルネサンスの人々 6 ボルソ・デステとその時代(2)」、『イタリアーナ』、1995年
  • 「ルネサンスの人々 7 ボルソ・デステとその時代(3)」、『イタリアーナ』、1997年
  • 「ルネサンスの人々 8 ボルソ・デステとその時代(4)」、『イタリアーナ』、1998年
  • 「ルネサンスの人々 9 ボルソ・デステとその時代(5)」、『イタリアーナ』、2000年

脚注[編集]

  1. ^ 京都大学