大谷篤蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 篤蔵(おおたに とくぞう、1912年3月22日[1] - 1996年8月4日[2])は、日本の国文学者。

大阪市生れ。1935年京都帝国大学文学部国文科卒。大学院で潁原退蔵に師事し近世文学、俳諧を専攻。出征したのち抑留され、1948年7月復員。1949年天理図書館司書研究員。1953年佐賀大学助教授、1958年大阪女子大学教授。75年定年退官、名誉教授、松蔭女子学院大学教授。89年退任、名誉教授[3]。俳文学会代表。

著書[編集]

校注・編[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 大谷篤蔵先生略年譜・業績一覧 (大谷篤蔵先生退休記念号)文林 1988-12