大島建彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大島 建彦(おおしま たてひこ、1932年 - )は、日本の民俗学者東洋大学名誉教授。

来歴[編集]

1954年東京大学卒。同大学院博士課程修了、1960年「民間文芸史の研究」で文学博士日本学園教諭、東洋大学文学部助教授、教授、2002年定年退任、名誉教授。2017年日本民俗学会名誉会員[1]

著書[編集]

  • お伽草子と民間文芸 岩崎美術社 1967 民俗民芸双書
  • 咄の伝承 岩崎美術社 1970 民俗民芸双書
  • 疫神とその周辺 岩崎美術社 1985.9 民俗民芸双書
  • ことばの民俗 三弥井書店 1986.4
  • 民俗信仰の神々 三弥井書店 2003.1
  • 日本の昔話と伝説 三弥井書店 2004.7
  • アンバ大杉の祭り 岩田書院 2005.12
  • 疫神と福神 三弥井書店 2008.8
  • 民俗伝承の現在 三弥井書店 2011.10

共編著・校訂など[編集]

  • 曽我物語 日本古典文学大系 第88 市古貞次共校注 岩波書店 1966
  • 日本を知る事典 編集委員 社会思想社 1971 のち現代教養文庫 
  • 御伽草子集 校注・訳 小学館 1974.9 日本古典文学全集
  • 日本の説話 第4巻 中世 2 市古貞次共編 東京美術 1974
  • 武蔵の伝説 渡辺千佳子共編著 第一法規出版 1977.1
  • 講座日本の民俗 6 年中行事 有精堂出版 1978
  • 完訳日本の古典 第49巻 御伽草子集 小学館 1983.6
  • 掃除の民俗 御巫理花共編 三弥井書店 1984.11
  • 宇治拾遺物語 校注 1985.9 新潮日本古典集成
  • 河童 岩崎美術社 1988.4 双書フォークロアの視点
  • しつけ 岩崎美術社 1988.11 双書フォークロアの視点
  • 無縁仏 岩崎美術社 1988.4 双書フォークロアの視点
  • 嫁と里方 岩崎美術社 1988.8 双書フォークロアの視点
  • コト八日 二月八日と十二月八日 岩崎美術社 1989.2 双書フォークロアの視点
  • 餅 岩崎美術社 1989.5 双書フォークロアの視点
  • 大黒信仰 雄山閣出版 1990.10 民衆宗教史叢書
  • 民間の地蔵信仰 渓水社 1992.8
  • アンバ大杉信仰 岩田書院 1998.3
  • 日本の神仏の辞典 圭室文雄,薗田稔山本節共編 大修館書店 2001
  • 新編日本古典文学全集 63 室町物語草子集 渡浩一共校注・訳 小学館 2002.9

記念論集[編集]

  • 民俗のかたちとこころ 岩田書院 2002.3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本民俗学 (292). (2017-11). 

参考[編集]

  • 大島建彦教授略歴「文学論藻」2002-3
  • 「大島建彦先生著作目録」『民俗のかたちとこころ』刊行会編(非売品)2002-3