大塚布見子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大塚 布見子(おおつか ふみこ、1929年11月30日 - )は、日本の歌人、1977年歌誌『サキクサ』創刊。歌集、評論集など多数。夫は小説家・歌人の大塚雅春氏(故人)。

概要[編集]

香川県観音寺市出身。香川県立三豊高等女学校(現・香川県立観音寺第一高等学校)在学中に、「形成」同人で同校の南信一校長に短歌を学ぶ。東京女子大学国語科在学中、担任の藤森朋夫先生に万葉集を学ぶ。一時勤務したスタイル社の『スタイル』、ロマンス本社の『モダン・ロマンス』で、宇野千代北原武夫和田芳恵のもとで編集者として仕事をする[1]。歌誌『藝林』を経て、1977年歌誌「サキクサ」を創刊、サキクサ短歌会を主宰。以後、「サキクサ」(月刊)の刊行を続け、歌人として第一線で活躍を続ける。2007年に「サキクサ創刊三十周年記念祝賀会」、2017年に「サキクサ創刊四十周年祝賀会」が、それぞれ東京都内のホテルで開催された。その間、母校である香川県立観音寺第一高等学校の同窓会東京支部の会誌『燧』(ひうち)の短歌のページ、特集(対談)などに対して、協力・支援をしてきた[2]。千葉県千葉市在住。

主な受賞歴[編集]

  • 第3回島木赤彦賞(2001年)[3]
  • 第21回日本文芸大賞・現代短歌賞(2003年)[4]
  • 第15回短歌新聞社賞(2008年)[5]

主な歌集・評論集[編集]

  • 『白き仮名文字』 (サキクサ叢書)サキクサ短歌会1983
  • 『大塚布見子歌集 : 玉藻よし』(日本現代歌人叢書)芸風書院1985
  • 『霜月祭』(サキクサ叢書)短歌新聞社1985
  • 『短歌雑感』(サキクサ叢書)短歌研究社1986
  • 『短歌歳時記』(サキクサ叢書)短歌研究社1991
  • 『ゆきゆきて』(サキクサ叢書)不識書院1991
  • 『山辺の里』(サキクサ叢書)短歌新聞社1993
  • 『遠富士』(サキクサ叢書)短歌新聞社1994
  • 『夢見草 : 大塚布見子歌集』(現代女流短歌全集)短歌新聞社1996
  • 『四国一華』(サキクサ叢書)短歌新聞社1997
  • 『新しい短歌の作法』短歌新聞社1997
  • 『大塚布見子選集』(第1~13巻)短歌新聞社1999-2003
  • 『雪月花 : 大塚布見子歌集』(新現代歌人叢書)短歌新聞社2005
  • 『花の歌歳時記』 (サキクサ叢書)短歌研究社2007
  • 『散る桜』(21世紀歌人シリーズ、サキクサ叢書)角川書店2007
  • 『百代草』(サキクサ叢書)砂子屋書房2011
  • 『こちら向きゐし』(現代短歌社文庫)現代短歌社2015
  • 『花の歌歳時記 続』(サキクサ叢書)短歌研究社2015
  • 『菊の秋』(現代短歌社文庫)現代短歌社 2016
  • 『水莖のやうに』(現代短歌社文庫)現代短歌社2016
  • 『夏麻引く』(サキクサ文庫)サキクサ短歌会2017
  • 『夢見草』(現代短歌社文庫)現代短歌社2018

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『大塚布見子選集 第八巻 歌論2』大塚布見子略歴(奥付上)
  2. ^ 観音寺第一高等学校同窓会東京支部会誌『燧』2017年度号
  3. ^ 観音寺第一高等学校同窓会東京支部会誌『燧』2001年度号
  4. ^ 観音寺第一高等学校同窓会東京支部会誌『燧』2004年度号
  5. ^ 観音寺第一高等学校同窓会東京支部会誌『燧』2008年度号

参考文献[編集]

  • 『燧』(香川県立観音寺第一高等学校同窓会東京支部会誌、2001年)

外部リンク[編集]