多田一臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多田 一臣(ただ かずおみ、1949年2月2日 - )は、上代日本文学者万葉学者)。 現在、二松學舍大学特別招聘教授。東京大学名誉教授。

略歴[編集]

  • 1973年(昭和48年) - 東京大学文学部国文科卒
  • 1975年(昭和50年) - 同大学大学院修士課程修了、文学部助手
  • 1980年(昭和55年) - 千葉大学専任講師
  • 1981年(昭和56年) - 同大学助教授
  • 1987年(昭和62年) - 第4回上代文学会賞受賞(「隠り妻と人妻と」などの業績による)
  • 1994年(平成 6年) - 東京大学文学部助教授
  • 1996年(平成 8年) - 同大学教授
  • 1999年(平成11年) - 『古代文学表現史論』で博士(文学)(東大)
  • 2013年(平成25年) - 定年退任、埼玉学園大学特任教授、東京大学名誉教授
  • 2014年(平成26年) - 二松学舎大学特別招聘教授

著書[編集]

単著[編集]

校注・訳[編集]

  1. - 第一巻 第二巻 第三巻
  2. - 第四巻 第五巻 第六巻
  3. - 第七巻 第八巻 第九巻
  4. - 第十巻 第十一巻 
  5. - 第十二巻 第十三巻 第十四巻
  6. - 第十五巻 第十六巻 第十七巻 
  7. - 第十八巻 第十九巻 第二十巻

編著[編集]

  • 『万葉集ハンドブック』 三省堂 1999
  • 上代の日本文学』 放送大学教育振興会 2000、改訂新版 2004
  • 『万葉への文学史 万葉からの文学史』 笠間書院<上代文学会研究叢書> 2001
  • 『日本の古典-古代編』 鈴木日出男藤原克己共編 放送大学教育振興会 2005、改訂新版2009
  • 『万葉語誌』 筑摩書房〈筑摩選書〉 2014

参考[編集]

  • 東大年報:[1]