和歌山大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和歌山大学
システム工学部A棟 和歌山大学 (和歌山県) 和歌山県の地図を表示 和歌山大学 (日本) 日本の地図を表示
システム工学部A棟

和歌山大学の位置(和歌山県内)
和歌山大学
和歌山大学 (和歌山県)
和歌山大学の位置(日本内)
和歌山大学
和歌山大学 (日本)
大学設置 1949年
創立 1922年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人和歌山大学
本部所在地 和歌山県和歌山市栄谷930
北緯34度15分56.5秒 東経135度9分5.5秒 / 北緯34.265694度 東経135.151528度 / 34.265694; 135.151528座標: 北緯34度15分56.5秒 東経135度9分5.5秒 / 北緯34.265694度 東経135.151528度 / 34.265694; 135.151528
キャンパス 栄谷(和歌山県和歌山市)
学部 教育学部
経済学部
システム工学部
観光学部
研究科 教育学研究科
経済学研究科
システム工学研究科
観光学研究科
ウェブサイト 和歌山大学公式サイト
テンプレートを表示

和歌山大学(わかやまだいがく、英語: Wakayama University)は、和歌山県和歌山市栄谷930に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は和大(わだい)。

概観[編集]

大学全体[編集]

和歌山大学は、教育学部経済学部システム工学部観光学部の4学部と4研究科を有し、栄谷キャンパスに統合されている。

学生数は学部生:4,105名、大学院生:546名、計:4,651名(2013年5月1日現在)[1]

教育および研究[編集]

長期的な視野に立ち「和歌山大学21世紀グランドデザイン」を定めている。基本目標は、-《個性輝く存在感のある学問の府》を目指して- 自主・自律の精神で、個性的な教育研究を推進し、大胆かつ着実な成果をあげることによって、社会から高い信頼と評価を得ることのできる学問の府を志向する[2]

学風および特色[編集]

1922年大正11年)設立の官立和歌山高等商業学校および紀州藩の藩校「学習館」の流れをくむ官立和歌山師範学校を源流とし、戦前より多くの経済人および教員を送り出している大学である。1995年(平成7年)にシステム工学部、2008年(平成20年)に観光学部が設置され、幅広い人材の教育を担う大学へと発展している。特に観光学部は国立大学法人として初めて設置された。

沿革[編集]

略歴[編集]

1949年昭和24年)に和歌山師範学校和歌山青年師範学校、和歌山経済専門学校(創立当初は和歌山高等商業学校)を包括して、新制和歌山大学が設置された。後にシステム工学部と観光学部が設置され、現在では4学部4研究科から構成される。

年表[編集]

旧吹上キャンパス教育学部 正門 現在は和大付属小中学校 正門
  • 1986年(昭和61年) - キャンパスを栄谷地区に移転統合
  • 1995年平成7年) - システム工学部開設
  • 1996年(平成8年) - 経済短期大学部廃止
  • 2001年(平成13年) - 学生自主創造科学センター開設
  • 2004年(平成16年) - 国立大学法人法の規定により国立大学法人発足
  • 2005年(平成17年) - 南紀熊野サテライトを設置
  • 2006年(平成18年) - 岸和田サテライトを設置
  • 2007年(平成19年) - 経済学部観光学科開設・経済学部夜間主の募集停止
  • 2008年(平成20年) - 観光学部開設
  • 2011年(平成23年) - 観光学研究科(修士課程)開設
  • 2014年(平成26年) - 観光学研究科(博士課程)開設

歴代学長[編集]

  • 初代:糸魚川祐三郎1949年5月 - 1955年3月)
  • 第2代:岩崎真澄(1955年3月 - 1961年3月)
  • 第3代:後藤清(1961年3月 - 1964年3月)
  • 第4代:齋藤利三郎(1964年3月 - 1969年4月)
  • 第5代:廣橋次郎(1969年4月 - 1972年4月)
  • 第6代:香山時彦(1972年4月 - 1975年4月)
  • 第7代:角山栄1975年4月 - 1975年7月)
  • 第8代:神野璋一郎(1975年8月 - 1978年7月)
  • 第9代:筒井信定(1978年8月 - 1981年7月)
  • 第10代:池田芳次(1981年8月 - 1987年7月)
  • 第11代:小野朝男(1987年8月 - 1993年7月)
  • 第12代:浅野敞(1993年平成5年)8月 - 1996年7月)
  • 第13代:守屋駿二(1996年8月 - 2002年7月)
  • 第14代:小田章2002年8月 - 2009年7月)
  • 第15代:山本健慈(2009年8月 - 2015年3月)
  • 第16代:瀧寛和(2015年4月 - 2019年3月)
  • 第17代:伊東千尋(2019年4月 - )

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 栄谷キャンパス(和歌山県和歌山市栄谷930)

象徴[編集]

シンボルカラー
 
16進表記 #FF9900
CMYK (0, 56, 100, 0)
マンセル値 3.1YR 6.5/13
  • 校章
黒地に白抜きで「學」の文字。右横に黒潮をモチーフとした波頭をあしらっている。
  • シンボルカラー
和歌山に爛々と降り注ぐ太陽の光と、その光を受けて鮮やかに色づく特産品の「蜜柑」からオレンジ色をシンボルカラーに選定した[3]
  • シンボルマーク
2004年(平成16年)度に国立大学法人となったことに伴い、シンボルマークを制定した。
シンボルカラーのオレンジを基調としたものとなっている。購買店ではシンボルマークを用いたデザインのオリジナルグッズを販売している。
  • 学歌
作詞:岩崎真澄、作曲:片山頴太郎
  • ほか第二学歌『ぼくらのWADAI CAMPUS』・学生歌・逍遥歌『花の霞に』・寮歌

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部・学科[編集]

(2016年4月入学生から適用)[4]
  • 学校教育教員養成課程
    • 初等教育コース
    • 中等教育コース
      • 専攻 : 教育学、心理学、 国語科教育、英語科教育、社会科教育、数学科教育、科学教育、家庭科教育、音楽科教育、美術科教育、保健体育科教育
    • 特別支援教育コース
      • 専攻 : 特別支援教育学
(2015年4月入学生まで適用) [5]
  • 学校教育教員養成課程[6]
    • 児童教育コース
      • 専攻 : 児童教育
    • 教育科学コース
      • 専攻 : 教育学、心理学、特別支援教育学、教育実践学
    • 教科教育コース
      • 専攻 : 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語
    • 児童教育コース
      • 専攻 : 児童教育
  • 総合教育課程[7] - 募集が停止されており2019年3月末に廃止予定
    • 文化研究プログラム
    • 環境教育プログラム
  • 経済学部
    経済学部(本館)
    • 2016年入学生以降
      • 経済学科
        プログラム:グローバル・ビジネス&エコノミー、企業分析・評価、ビジネスデザイン、企業会計・税法、地域公共政策・公益事業、サステイナブル・エコノミー
        エキスパート・コース[8]:アグリビジネス・ユニット
    • 2016年度に募集停止
システム工学部(A棟)
  • 観光学部
    観光学部 本館
    • 2016年入学生以降
      • 観光学科
        • 観光経営コース
        • 地域再生コース
        • 観光文化コース
        • グローバル・プログラム[21]
    • 2016年度に募集停止[22]
      • 観光経営学科
        • 観光マネジメントコース
        • 観光マーケティングコース
      • 地域再生学科
        • 観光まちづくりコース
        • 観光文化コース
      • 観光コンテンツコース
      • 注:2年次に学科に分かれる

大学院[編集]

2016年度に学校教育専攻と教科教育専攻を統合して「学校教育専攻」(教育科学コース、特別支援教育コース、教科教育コース)を設置。さらに、授業実践力向上コースと学校改善マネジメントコース(現職教員対象)からなる教職大学院(教職開発専攻)を設置する。
  • 学校教育専攻
    • 学校教育専修[23]
    • 発達支援教育専修[24]
  • 教科教育専攻
    • 国語教育専修[25]
    • 社会教育専修[26]
    • 数学教育専修[27]
    • 理科教育専修[28]
    • 音楽教育専修[29]
    • 美術教育専修[30]
    • 保健体育専修[31]
    • 技術教育専修[32]
    • 家政教育専修[33]
    • 英語教育専修[34]

専攻科[編集]

  • 特別支援教育特別専攻科(修業年限1年)
    • 発達障害教育専攻

教員組織[編集]

2014年度に各学部等から教員組織を分離し、和歌山大学本部に一元化した。教員組織の長は学長が担う。 学部間の垣根を低くし、教員相互の交流や共同研究等を促進するのが狙い[48]。これにより、講座は廃止された。

  • 人文社会科学系
  • 工学自然科学系

附属機関[編集]

  • 附属図書館
  • 「教養の森」センター
  • システム情報学センター
  • 地域連携・生涯学習センター(松下会館:和歌山市西高松)
  • 産学連携・研究支援センター
    • 防災研究教育センター
  • 保健管理センター
  • 紀州経済史文化史研究所
  • 協働教育センター
    • 宇宙教育研究所
  • 国際教育研究センター
  • サテライト

学部附属機関[編集]


学生生活[編集]

特色豊かな4学部が同じキャンパスに同居しているため、学部の壁を越えた交流が盛んで、多様な価値観に触れることができる。 通学に関しては、2012年和歌山大学前駅開業に伴い、特に大阪方面からの利便性が向上した。なお自動車通学は幾つかの条件が揃った3回生以上についてのみ許可される。2014年3月にはイオンモール和歌山和歌山大学前駅直結で開業した。

課外活動[編集]

有意義な大学生活を送るための課外活動も盛んであり、大学の承認を受けた学生団体によって自発的に活動している。学生団体は、文化系クラブが所属する文化部連合会、体育系クラブが所属する体育会、サークル、その他の4つに分類され、多くの団体が存在する。学生自主創造科学センター(クリエ)の設備、指導者、資金などを活用した理工系の活動も目立つ。

大学祭[編集]

大学祭は「和大祭」(わだいさい)と呼ばれ、7月の「なつまつり」に始まり、10月には「こどもまつり」、11月に「和大祭・本祭」が開催されている。

大学関係者と組織[編集]

同窓会[編集]

  • 教育学部および旧制和歌山師範学校卒業生 - 紀学同窓会
  • 経済学部および旧制和歌山高等商業学校卒業生 - 柑芦会(こうろかい)
  • システム工学部卒業生 - システム工学部同窓会
  • 観光学部卒業生 - 飛耀会(ひようかい)

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

南海本線 和歌山大学前駅

栄谷キャンパスは、和歌山県と大阪府との府県境付近に位置する。敷地面積は41.46ha。海抜60m以上の高台に立地するため、和歌山市街はもとより大阪湾・紀伊水道、天候に恵まれた日には遠く淡路島や四国までも望むことができる。全学部及び主要施設がシンボルストリート沿いに立地しており、整った配置となっている。車両は原則としてシンボルストリートに進入できない。

出入口[編集]

出入口 通行可能種別 備考
自動車・原付 自転車 歩行者
正門 和歌山市街方面から和歌山県道752号和歌山阪南線(旧国道26号)の和歌山大学入口交差点を右折。バス路線が設定されている。
和歌山大学前駅から直行シャトルバス利用で約4分、徒歩で約20分。
下記の裏坂と対応して表坂、もしくは和大坂とも呼ばれる。
システム工学部棟裏 × 和歌山大学前駅の開業に伴い整備された、駅からシステム工学部棟裏へ至る通学路。
駅から徒歩で約15分。
裏門 × × 紀ノ川駅側の裏門から山を登る経路は裏坂と通称される。
裏門(坂の入り口)からシンボルゾーンまでは約15分。

学生食堂[編集]

フルール及びピッタパッタの他は大学生協が運営している。

  • 大学会館
    • 第1食堂(生協食堂)
    • Cafe' Restaurant(レストラン)
    • 焼き立てパン工房(カフェ)
  • ふれあい会館
    • GENKI食堂(生協食堂)
    • フルール(レストラン)
  • 附属図書館

[編集]

キャンパス内にある学生寮

キャンパス内にある。学生自治により自主的に運営されており、寮祭など独自行事が盛んである。留学生寮は国際交流会館(和歌山市西高松)にある。

対外関係[編集]

地方自治体との協定[編集]

他大学との協定[編集]

高等教育機関コンソーシアム和歌山[編集]

和歌山県内の高等教育機関が連携・協力し、単位互換などを行っている。

  • 和歌山大学
  • 和歌山県立医科大学
  • 高野山大学
  • 近畿大学生物理工学部
  • 和歌山県立医科大学保健看護学部
  • 和歌山信愛女子短期大学
  • 和歌山工業高等専門学校
  • 放送大学和歌山学習センター

南大阪地域大学コンソーシアム[編集]

南大阪地域に立地する大学が、教育・学術研究をはじめ、産学共同研究、生涯学習環境の充実など広範な分野で連携を進め、地域全体の教育・学術研究機能の向上を図るとともに、地域社会の発展に貢献することを目的として、2002年に設立。

  • 大阪府立大学
  • 大阪大谷大学
  • 桃山学院大学
  • 和歌山大学
  • 桃山学院教育大学
  • プール学院短期大学
  • 大阪芸術大学
  • 帝塚山学院大学
  • 羽衣国際大学
  • 高野山大学
  • 大阪女子短期大学
  • 大阪夕陽丘学園短期大学
  • 清風情報工科学院
  • 近畿大学生物理工学部

交流協定大学[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 基礎データ:和歌山大学
  2. ^ 和歌山大学21世紀グランドデザイン:和歌山大学基金
  3. ^ 和歌山大学/VISマニュアル 2.6 シンボルカラー
  4. ^ コース、専攻の構成は、2016年入学生用の大学案内[1]による。
  5. ^ コース、専攻、プログラムの構成は、2015年入学生用の大学案内[2]、2015年入学生用の学生募集要項[3]による。
  6. ^ 2015年入学生用の大学案内、2015年入学生用の学生募集要項によると、一般入試で「実技系」(募集区分:「音楽または美術」、保健体育)を選択して入学した学生と、推薦入試(募集区分:特別支援教育学、児童教育、「技術または家庭」)で入学した学生以外は、2年次に専攻が決めることになる。ただし、「文科系入学」か「理科系入学」かで、選択できる専攻に違いが出る。入試時に文科系を選択した学生は、教科教育コースについては、国語、社会、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語のみ選択できる。一方、理科系を選択した学生は、数学、理科、社会(地理、哲学に限る)、音楽、美術、保健体育、技術、家庭のみとなる。なお、文科系でも理科系でも、教育科学コースの全専攻と児童教育コースを選択できる。
  7. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、受験の方式を問わず、両方のプログラムから選ぶことができる。なお、教育学部のホームページ[4]によると、環境教育プログラムは、社会系、自然系、生活・産業系という3つの系を設けている。
  8. ^ 飛び級制度等を活用して大学院に進学するコース。学部・大学院を一貫教育の5年間で修了することが可能で、全新入生を対象に希望者を募る。
  9. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、「経済社会理論」、「政策科学」、「応用社会分析」という3つの科目群を設けている。
  10. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、「マネジメント」、「会計」、「情報」という3つの科目群を設けている。
  11. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、「流通システム」、「経済環境」、「法律」という3つの科目群を設けている。
  12. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、国際経済専攻と地域政策専攻からなる。
  13. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、経営専攻、会計専攻、法律専攻で構成されている。
  14. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、2年次初めに、学生の希望と成績により第1メジャーを決定。さらに、配属後の履修指導を通して第2メジャーを決定する。
  15. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、メジャーの組み合わせにより、ロボティクスコース(機械電子制御、電子計測)、ナノテクノロジーコース(応用物理学、化学)、コンピュータサイエンスコース(知能情報学、ネットワーク情報学)、デザインシステムコース(メディアデザイン、社会情報学)、環境システムコース(環境科学、環境デザイン)、環境化学コース(化学、環境科学)、電気電子工学コース(電子計測、応用物理学)があるが、組み合わせはこれらだけにとどまらず自由。
  16. ^ 工学部のホームページ[5]によると、研究グループには、ビジュアルコンピューティンググループ、データエンジニアリンググループ、情報理論研究グループ、情報ネットワークグループ、知識システムグループ、知覚・行動情報処理グループ、知能コンピューティンググループ、空間情報投影型拡張現実感研究グループ、ソフトウェアエンジニアリンググループ、Webマイニング研究グループがある。
  17. ^ 工学部のホームページ[6]によると、研究グループには、光メカトロニクス計測(マイクロ工学研究室、波動エレクトロニクス研究室、光波テクノロジ研究室、情報フォトニクス研究室)、メカトロニクス制御(システム制御研究室、ロボティクス研究室、知的メカトロニクス研究室)がある。
  18. ^ 工学部のホームページ[7]によると、研究グループには、ナノサイエンス系(アクティブマテリアルグループ、物性理論グループ、構造有機化学グループ、無機・錯体化学グループ、光機能・ナノ材料グループ)、ナノテクノロジー系(分析化学・機能有機材料グループ、ソフトマテリアル設計グループ、電子材料グループ、物理化学グループ)がある。
  19. ^ 工学部のホームページ[8]によると、教育・研究グループには、環境テクノロジー、環境デザイン、環境モデリングがある。
  20. ^ 工学部のホームページ[9]によると、研究室には、システム情報デザインユニット(ソフトウェアデザイン研究室、システムデザイン研究室、デザインシステム計画研究室、グループウェア研究室、コミュニケーションデザイン研究室)、メディア情報デザインユニット(聴覚メディア研究室、視覚メディア研究室、インタラクションデザイン研究室、空間デザイン研究室)がある。
  21. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、英語で提供される専門教育科目(GP科目)を一定数履修し、英語能力検定試験の基準を満たせば、修了認定を得られる制度。専門教育科目をすべてGP科目で履修することも可能。
  22. ^ 2015年入学生用の大学案内によると、コースは、関連する科目をまとめたもので、コースを選択して、特定のコースに属すわけではないとしている。
  23. ^ 2015年入学生用の学生募集要項[10]によると、分野として、教育学・教育史、学校経営、教育社会学、教育内容・方法論、道徳教育・同和教育、社会教育、教育心理学、発達心理学、教育臨床心理学、障害児教育学、障害児心理学、障害児臨床学、障害児医学、障害児福祉学がある。
  24. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、発達支援教育がある。
  25. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、国語科教育、国語学、国文学、漢文学、書道がある。
  26. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、社会科教育、日本史、世界史、地理学、政治学、経済学、社会学、哲学がある。
  27. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、数学科教育、代数学、幾何学、解析・応用解析学がある。
  28. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、理科教育、物理学、化学、生物学、地学がある。
  29. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、音楽科教育、器楽、声楽、作曲・指揮法、音楽学がある。
  30. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、美術科教育、絵画、彫刻、デザイン、工芸、美術理論・美術史がある。
  31. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、保健体育科教育、体育学、運動学、学校保健がある。
  32. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、技術科教育、電気、機械、栽培がある。
  33. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、家庭科教育、食物学、被服学、住居学、保育学、家政一般(家族関係)がある。
  34. ^ 2015年入学生用の学生募集要項によると、分野として、英語科教育、英語学、英米文学、ヨーロッパ文学がある。
  35. ^ 2016年入学生用の学生募集要項[11]によると、研究科目として、経済学史、日米マクロ経済論、経済学原理、ゲーム理論、国際経済学、環境政策、農業経済学、社会政策(労働経済論)、産業政策、産業経済地理学、西洋経済史、経済統計学、財政政策論、日本経済史、ファイナンス論、金融論がある。
  36. ^ 2016年入学生用の学生募集要項によると、研究科目として、原価計算論、日本的・リーン生産システム、人的資源管理論、管理会計論、経営管理論(企業と社会論)、経営戦略論、国際経営、会計学原理、簿記原理、経営学史、財務会計論、情報メディア論、産業情報論、情報メットワーク、IT・オペレーション戦略がある。
  37. ^ 2016年入学生用の学生募集要項によると、研究科目として、銀行論、交通論、流通システム論、アジア経済、EU経済、社会知識情報システム、租税法(岸和田サテライト)、社会保障法、会社法、企業組織法、租税法(栄谷)、公法、民法がある。
  38. ^ 2016年入学生用の大学案内
  39. ^ システム工学研究科のホームページ[12][13]によると、研究分野には、コミュニケーション支援、景観生態学、無線アドホックネットワーク、無線アドホックネットワーク、データベースシステム、環境システム・環境マネジメント、情報理論、ワイヤレス通信がある。
  40. ^ システム工学研究科のホームページ[14][15]によると、研究分野には、人工知能、情報通信、システム制御、ロボティクスがある。
  41. ^ システム工学研究科のホームページ[16][17]によると、研究分野には、ソフトウェアデザイン、環境デザイン、社会環境科学、デザイン工学がある。
  42. ^ システム工学研究科のホームページ[18][19]によると、研究分野には、光波画像計測、波動エレクトロニクス、コンピュータビジョンとロボティクス、聴覚メディア、Webマイニングがある。
  43. ^ システム工学研究科のホームページ[20][21]によると、研究分野には、光波テクノロジ、情報フォトニクス、波動エレクトロニクス、マイクロ工学、電子材料、光機能・ナノ材料、物理化学がある。
  44. ^ システム工学研究科のホームページ[22][23]によると、研究分野には、物性工学・光物性・高分子科学、物性理論、電子材料、光機能・ナノ材料、物理化学がある。
  45. ^ システム工学研究科のホームページ[24][25]によると、研究分野には、計算先導型有機化学、無機化学・錯体化学、ソフトマテリアル設計、化学計測マテリアルデザインがある。
  46. ^ システム工学研究科のホームページ[26][27]によると、研究分野には、人工社会、グラフィックス情報処理、環境モデリング、地球化学・環境化学がある。
  47. ^ 2016年入学生用の学生募集要項(博士前期課程)[28]によると、授業科目は、観光経営、地域再生、観光文化の3領域に分けられるが、一部に領域が重複している科目もある。
  48. ^ http://www.wakumi.sakura.ne.jp/link/kyouikutaisei_genan.pdf
  49. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

関連項目[編集]

公式サイト[編集]


この記事はプロジェクト:大学/大学テンプレート (日本国内)にしたがって作成されています。