内野吾郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内野 吾郎(うちの ごろう、1914年1月1日 - 1985年12月15日)は、神奈川県生まれの国文学者國學院大學名誉教授。日本文学史、特に国学をめぐる文学史が専門。本居宣長らの学問を「国学」、それを批判的に継承した柳田國男折口信夫の学問を「新国学」と位置づけた。

略歴[編集]

  • 大正3年(1914年) 神奈川県高座郡御所見村(現・藤沢市)に生まれる。
  • 昭和7年(1932年) 芝中学校卒業。
  • 昭和12年(1937年) 國學院大學国文学科卒業。
  • 昭和22年(1947年) 北海道第二師範学校教授。
  • 昭和25年(1950年) 北海道学芸大学教授。
  • 昭和36年(1961年)「日本文芸史の方法序説―その学史的展望と諸学派の批判―」により國學院大學文学博士
  • 昭和38年(1963年) 國學院大學教授。
  • 昭和43年(1968年) 西ドイツボン大学客員教授として招聘される。
  • 昭和45年(1970年) ボン大学より國學院大學に帰任。
  • 昭和50年(1975年) 國學院大學日本文化研究所所長。
  • 昭和59年(1984年) 國學院大學教授兼日本文化研究所を定年退職。國學院大學名誉教授。
  • 昭和60年(1985年) 肝不全と腎不全のため死去。
  • 昭和61年(1986年) 従四位勲三等瑞宝章が贈られる。

エピソード[編集]

  • 大声の持ち主で、弁舌が巧みであった。
  • 酒は一滴も飲めなかったが、なぜか宴席にはとけこんでいた。
  • 愛称は「内野(ないや)ゴロ」。大の巨人ファンだった。

著書[編集]

  • 『日本文芸史考』函館人文学会 1954
  • 『説話文学要解 今昔物語・宇治拾遺物語・十訓抄・古今著聞集』有精堂出版 1955 文法解明叢書
  • 『宇治拾遺物語要解』有精堂出版 1958 文法解明叢書
  • 『日本文芸概論』白帝社 1966
  • 『日本文芸研究法 文芸学の方法序説』桜楓社 1972
  • 『日本文芸史素描 古代・中世編』白帝社 1972
  • 『文芸学史の方法 国学史の再検討』桜楓社 1974
  • 『民族と文化の発見』戸田義雄共編 大明堂 1978
  • 『江戸派国学論考』創林社 1979
  • 『新国学論の展開 柳田・折口民俗学の行方』創林社 1983
  • 『日本文芸研究史』桜楓社 1984
  • 『日本文学通史 古典篇』編 おうふう 1993
  • 『江戸派国学論考 学派の形成とその社会圏』アーツアンドクラフツ 2002

参考文献[編集]

  • 『古稀の横顔―内野吾郎素描集』内野吾郎先生古稀記念実行委員会 1984年
  • 『うつし世の縁』内野吾郎先生追悼文集刊行会 創林社 1986年
  • 安東璋二「内野吾郎先生と函館国語会」「函館国語」第二号 1986年11月