佐藤勝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 勝明(さとう かつあき、1958年 - )は、日本の国文学者。専門は日本近世文学。特に、近世俳壇史(元禄俳人の動向)や蕉風俳諧の成立と展開(延宝期~享保期)[1]

人物[編集]

1980年、早稲田大学教育学部国語国文学科卒。1991年、「天和期蕉門の研究」で第23回窪田空穂賞受賞。1993年、早稲田大学文学研究科日本文学専攻、単位取得満期退学。1993年、和洋女子大学専任講師。1997年、同大学助教授。2004年、同大学教授。2012年、佐藤勝明・伊藤善隆・金子俊之編『元禄時代俳人大観』全3巻(八木書店)が、三重県伊賀市芭蕉翁顕彰会文部科学大臣賞を受賞[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『蕉門研究資料集成』全8巻(クレス出版、2004年)
  • 『芭蕉と京都俳壇 蕉風胎動の延宝・天和期を考える』(八木書店、2006年)
  • 『芭蕉研究資料集成・昭和中期編』全8巻(クレス出版、2009年)
  • 蕪村句集講義』全3巻(平凡社、2011年)
  • 『芭蕉はいつから芭蕉になったか』(NHK出版、2012年)
  • 『松尾芭蕉と奥の細道』(吉川弘文館、2014年)
  • 『俳諧の歴史と芭蕉』(公益財団法人芭蕉翁顕彰会、2015年)
  • 『元禄名家句集略注 小西来山篇』(新典社、2017年)
  • 『全文を読み切る『奥の細道』の豊かな世界』(大垣市・大垣市教育委員会、2018年)

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]