伊豆利彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊豆 利彦(いず としひこ、1926年11月10日 - 2017年12月8日[1] )は、日本の国文学者。日本近代文学専攻。横浜市立大学名誉教授。

福岡県直方市生まれ。1950年東京大学文学部国文学科卒業。横浜市立大学文理学部助教授、教授。1992年定年退官、名誉教授[2]日本文学協会に属し、左翼的立場から日本近代文学を研究する。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『国語がつまらない 文学と教育の広場を』郷静子共編 合同出版 1978
  • 『横浜と文学』編著 横浜市立大学一般教育委員会 1992

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『しんぶん赤旗』2017年12月14日付訃報。
  2. ^ 伊豆利彦教授略歴・業績目録 (伊豆利彦教授退官記念号)『横浜市立大学論叢 人文科学系列』1992-03

外部リンク[編集]