伊藤正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 正雄(いとう まさお、1902年(明治35年)5月17日 - 1978年(昭和53年)7月20日)は、国文学者大阪府大阪市東区(現中央区北浜生まれ。弁護士山口房五郎の次男。弁護士伊藤徳三の養子となり東京四谷で育ち、のち大阪に移る。第三高等学校卒、1927年東京帝国大学文学部国文科卒。28年神宮皇學館教授、1941年神宮皇學館大學附属専門部教授。1946年京都女子専門学校教授、1947年兵庫県社会教育課嘱託、1948年兵庫県立社会研究所員、49年旧制甲南高等学校教授、51年甲南大学教授、1949-1957年天理大学教授を兼ねる。1972年甲南大学定年名誉教授神戸女子大学教授。近世文学および福沢諭吉を研究した。

著書[編集]

  • 『心中天の網島詳解』富山房、1935
  • 『子ども心の探求 文芸作品に描かれた子供の心理』訓生社、1941
  • 小林一茶三省堂、1942
  • 『俳句の話』統正社、1943
  • 『伊勢の文学』神宮司庁教導部、1954
  • 『福沢諭吉入門 その言葉と解説』毎日新聞社、1958
  • 『近世日本文学管見』伊藤正雄先生論文出版会、1963
  • 『『学問のすすめ』講説 福沢諭吉の骨格を語る』風間書房、1968
  • 『福沢諭吉論考』吉川弘文館、1969
  • 『国語の姿勢 ある大学教師の"国語白書"』黎明書房、1970
  • 『ごまめの歯ぎしり 福沢諭吉とともに歩む』初音書房、1972
  • 『忘れ得ぬ国文学者たち 并、憶ひ出の明治大正』右文書院、1973
  • 『俳諧七部集芭蕉連句全解』河出書房新社、1976
  • 『文章のすすめ 小言幸兵衛文筆談義』春秋社、1978
  • 『近世の和歌と国学』皇学館大学出版部、1979
  • 『引かれ者の小唄 続・ごまめの歯ぎしり』春秋社、1979
  • 『福沢諭吉 警世の文学精神』春秋社、1979

訳・校注など[編集]

  • 『註解一茶文集』三省堂、1943
  • 『小林一茶集』校註 朝日新聞社 日本古典全書、1953
  • 福沢諭吉『学問のすすめ』校注 旺文社文庫、1967、のち講談社学術文庫
  • 『明治人の観た福沢諭吉 資料集成』編 慶応通信、1970
  • 『文明論之概略 今も鳴る明治先覚者の警鐘 口訳評注』慶応通信、1972
  • 福沢諭吉『学問のすすめ 現代語訳』社会思想社 現代教養文庫、1977
  • 『要説日本文学史』足立巻一共著 社会思想社 現代教養文庫、1977、

参考[編集]

  • 『忘れ得ぬ国文学者たち』著者紹介