今西幹一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今西 幹一(いまにし かんいち、1936年2月26日 - 2009年5月1日)は、国文学者。元二松学舎大学学長・名誉教授。近代文学、とりわけ近代詩歌短歌研究を専門とし、佐藤佐太郎正岡子規など歌人研究に業績をあげた。『佐藤佐太郎短歌の研究―佐藤佐太郎と昭和期の短歌』により、第6回日本歌人クラブ評論賞を受賞。

大阪市出身。大阪府立高津高等学校を経て、1967年関西学院大学大学院文学研究科修士課程日本文学専攻を修了、1970年に同博士課程単位取得満期退学。大阪府立箕面高等学校教諭などのかたわら、研究に勤しむ。1976年より山梨英和短期大学助教授、1982年同教授、1988年より二松学舍大学の教授。2005年から2009年まで同学長。

著書[編集]

  • 短歌シリーズ・人と作品 佐藤佐太郎 桜楓社、1981
  • 佐藤佐太郎の短歌の世界 桜楓社、1985
  • 子規百首・百句 和泉書院、1990
  • 正岡子規の短歌の世界 有精堂出版、1990
  • 文人短歌1・2 朝文社、1992
  • 佐藤佐太郎短歌の研究 おうふう、2007
  • 佐藤佐太郎短歌の諸相 おうふう、2010
学職
先代:
石川忠久
二松学舎大学学長
第13代 : 2005年 - 2009年
次代:
渡辺和則