今井文男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井 文男(いまい ふみお、1916年1月9日[1] - 1995年12月16日[2])は、国文学者。

愛知県出身。1941年東京文理科大学[3]金城学院大学助教授、教授。愛知淑徳大学教授、87年名誉教授。主として俳句を研究した。

著書[編集]

  • 『恋の座』新泉書房 1948 新学社教友館 1975
  • 『学習受験現代文新研究』精文館 1951
  • 『表現学仮説 第2章』竜二山房 1957
  • 『表現学仮説』竜二山房 1961 法律文化社 1968
  • 『芸の領域』竜二山房 1962
  • 『芭蕉新論』竜二山房 1964
  • 『連歌俳諧ところどころ』竜二山房 1966
  • 『俳句の構造分析とその適用 国語教室における現代俳句の取り扱いかた』竜二山房 1967
  • 『場面分析法』竜二山房 1967
  • 『現代詩の鑑賞』竜二山房 1968
  • 『現代俳句の教え方』右文書院 教え方双書 1968
  • 芭蕉の三原点』右文書院 1969
  • 『芭蕉の眼』右文書院 1972
  • 『文章表現法大要』竜二山房 1974 笠間書院 1975
  • 『芭蕉の牛』龍二山房 1979
  • 『龍二山房閑語』龍二山房 1981
  • 『雪 歌集』竜二山房 1983

共編[編集]

  • 高浜虚子研究』山口誓子,松井利彦共編 右文書院 近代日本文学作家研究叢書 1974
  • 『表現学論叢』編 中部日本教育文化会 1980
  • 『表現学大系 総論篇 第1巻 表現学の理論と展開』編 教育出版センター 1986
  • 『表現学大系 総論篇 第2巻 表現学と諸科学』編 教育出版センター 1993

記念論文集[編集]

  • 『表現学論考 今井文男教授還暦記念論集』今井文男教授還暦記念論集刊行委員会 1976
  • 『表現学論考 今井文男教授古稀記念 第2』今井文男教授古稀記念論集刊行委員会 1986
  • 『表現学論考 今井文男先生喜寿記念 第3』今井文男先生喜寿記念論集刊行委員会 1993

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、130頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『芭蕉の眼』著者紹介