亜細亜大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亜細亜大学
南門 亜細亜大学 (東京都区部および多摩地域) 東京都区部および多摩地域の地図を表示 亜細亜大学 (日本) 日本の地図を表示
南門

亜細亜大学の位置(東京都区部および多摩地域内)
亜細亜大学
亜細亜大学 (東京都区部および多摩地域)
亜細亜大学の位置(日本内)
亜細亜大学
亜細亜大学 (日本)
大学設置 1955年
創立 1941年
学校種別 私立
設置者 学校法人亜細亜学園
本部所在地 東京都武蔵野市5丁目8番
北緯35度42分19.5秒 東経139度32分3.2秒 / 北緯35.705417度 東経139.534222度 / 35.705417; 139.534222座標: 北緯35度42分19.5秒 東経139度32分3.2秒 / 北緯35.705417度 東経139.534222度 / 35.705417; 139.534222
キャンパス 武蔵野キャンパス(東京都武蔵野市境)
日の出キャンパス(東京都西多摩郡日の出町
学部 経営学部
経済学部
法学部
国際関係学部
都市創造学部
研究科 アジア・国際経営戦略研究科
経済学研究科
法学研究科
ウェブサイト 亜細亜大学公式サイト
テンプレートを表示

亜細亜大学(あじあだいがく、英語: Asia University)は、東京都武蔵野市5丁目8番に本部を置く日本私立大学である。1955年に設置された。大学の略称亜大(あだい)、亜細亜(あじあ)。

概観[編集]

大学全体[編集]

亜細亜大学構内にある太田耕造記念館

旧制興亜専門学校を前身とする大学。戦後、日本経済専門学校、日本経済短期大学を経て亜細亜大学となった。初代学長兼理事長には、終戦時の文部大臣だった太田耕造が就任した。その後、理事長に就任した東京急行電鉄の創業者五島慶太の経営協力の下で組織整備などがなされてきた。

五島慶太逝去後は、後継者の五島昇が就任した。その後は、元伊藤忠商事会長瀬島龍三を経て、東急グループ代表清水仁に引き継がれ、現在は越村敏昭東京急行電鉄相談役が理事長に就任している。

建学の精神[編集]

建学の精神は「自助協力」

太田耕造初代学長の著書[要出典]によると建学精神の「自助」とは、一人ひとりが自らの内面を深く見つめ、自分自身のしっかりとしたアイデンティティを確立し、自らの力でそれぞれの道を切り拓くこと。さらに「協力の花は自助の根から」とし、真の協力関係とは自立した人間同士の協力関係であると書かれている。

教育および研究[編集]

学風および特色[編集]

衞藤瀋吉が学長時代(1987-95年)に一芸一能入試など独自の入試スタイルや語学留学プログラム、スチューデントカンパニー・プログラムなど、日本の大学としては初めてとなる入試制度や教育プログラム、テレビコマーシャル (CM) を実施したことがある。

AUAP・AUGP・AUEP・AUCP(後述)などの留学プログラムが充実している。また、大学では14か国語の外国語授業を開講しており、アジア地域を中心に、中東や欧米など世界各地域の言語を学ぶことができる。外国語専門の学部を持つ大学を除けば、この数と幅広さは屈指の充実ぶりである。

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

  • 1940年昭和15年) - 東京都北多摩郡武蔵野町境字上水南1243番地、他所在3960坪(現在地)の土地賃貸借契約成立(1967年買収)(地主 高橋次平・尚敏 借主 菊池武夫・岩田愛之助 代理人 藤原繁)。
  • 1941年 - 財団法人興亜協会設立。旧制興亜専門学校開校。第一部(満蒙支科)・第二部(南方科)・第三部(内地科)を設置
  • 1945年 - 第二次世界大戦の終結に伴い日本経済専門学校へ改称
  • 1950年 - 同専門学校を日本経済短期大学へ改組。経営科第一部・第二部、貿易科第一部・第二部を設置
  • 1951年 - 運営法人を学校法人に改組。法人名を猶興学園と改称
  • 1954年 - 法人名を亜細亜学園と改称。日本経済短期大学附属中国留学生部を開設
  • 1955年 - 日本経済短期大学経営科および貿易科を亜細亜大学へ改組(形式的には同短期大学同科を廃止して亜細亜大学を設置)・商学部を開設
  • 1957年 - 日本経済短期大学経営科を再度設置
  • 1962年 - 留学生別科を開設(留学生部を改組)
  • 1964年 - 経済学部経済学科を開設。教養部を設置
  • 1966年 - 法学部法律学科を開設
  • 1970年 - 商学部を改組し、経営学部経営学科を開設。日本経済短期大学経営科第二部を廃止
  • 1974年 - 経営・経済・法の各学部に大学院修士課程を設置
  • 1976年 - 経営・経済・法の各学部に大学院博士課程を設置。経済学部に国際関係学科を併設
  • 1986年 - 日本経済短期大学経営科に経営管理専攻と経営情報処理専攻を開設
  • 1989年(昭和64年/平成元年) - 亜細亜大学アメリカプログラム(略称:AUAP)開始(前年には実験的にこれを実施した)
  • 1990年 - 国際関係学部国際関係学科を開設
  • 1993年 - 日本経済短期大学を亜細亜大学短期大学部と改称
  • 1995年 - 経済学部国際関係学科を廃止
  • 2001年 - 教養部を廃止
  • 2004年 - 短期大学部経営科の経営管理専攻と経営情報処理専攻を廃止。経営学部経営学科にホスピタリティ専攻を開設、亜細亜大学にアジア夢カレッジ(キャリア開発中国プログラム)を開設
  • 2006年 - 大学院経営学研究科(博士前期課程)を改編し、アジア・国際経営戦略研究科(修士課程)を開設
  • 2007年 - 亜細亜大学アメリカプログラム(略称:AUAP)参加学生数が1万人を突破
  • 2008年 - アジア・国際経営戦略研究科を博士課程前期・後期に改編
  • 2009年 - 経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科を開設
  • 2011年 - 建学七十周年を迎えた。
  • 2012年 - 国際関係学部多文化コミュニケーション学科を開設
  • 2013年 - 短期大学部現代タウンビジネス学科を開設
  • 2014年 - 経営学部経営学科のホスピタリティ専攻を廃止。大学院経営学研究科を廃止
  • 2016年 - 都市創造学部都市創造学科を開設
  • 2017年 - 短期大学部を廃止

基礎データ[編集]

所在地[編集]

教育および研究[編集]

学部[編集]

  • 都市創造学部
    • 都市創造学科

研究科[編集]

別科[編集]

  • 留学生別科

亜細亜大学への進学を目ざす留学生が、準備段階として主に日本語と日本事情を1年間学修するコース。

教育[編集]

留学プログラム[編集]

亜細亜大学では、以下のような留学プログラムが存在する。

  • AUAP
AUAP(Asia University America Program:亜細亜大学アメリカプログラム)とは、5ヶ月間の米国留学プログラムであり、この大学を代表する語学留学プログラムである。1988年に実験的に行われ、翌1989年から本格的に実施され現在に至る。このプログラムでは、アメリカ合衆国ワシントン州にあるセントラル・ワシントン大学イースタン・ワシントン大学ウエスタン・ワシントン大学のいずれかに派遣される。また、2009年度以降にアリゾナ州立大学サンディエゴ州立大学ユタ大学ニューヨーク州立大学オールバニ校(現地既設プログラムに参加/ホームステイ)が加わり、同大学の希望者は選考を経た上で派遣される事となった(派遣されるのは十数名程度)。
留学生の場合はビザ等の許可が下りた場合のみ参加可能である。希望者は原則として全員参加することができる。国際関係学部国際関係学科では2年次後期(Cycle 2、例年9月-2月)に、経営学部経営学科、経済学部、法学部、国際関係学部多文化コミュニケーション学科は1年次後期から2年次前期(Cycle 1例年2月-7月)にかけて留学する。このプログラムに参加した学生は、現地で16単位を卒業単位として修得することができる。なお、経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科、都市創造学部、アジア夢カレッジに所属する学生は参加できない。
  • AUGP
AUGP(Asia University Global Program:亜細亜大学グローバルプログラム)とは、春ないし夏の長期休暇中に2週間から2ヵ月間行われる短期留学プログラムである。アイルランドアメリカイギリスインドインドネシアオーストラリアカナダ韓国スペイン中国ドイツニュージーランドフランスマレーシアロシアの合計15カ国から選べ、希望者は原則として誰でも参加できる。このプログラムに参加した学生は、現地で卒業単位を習得することができる。但し、規定人数に達しなかった場合やその他該当国・地域の情勢等によって中止されることもある。
  • AUEP
AUEP(Asia University Exchange Program:亜細亜大学交換・派遣留学生プログラム)とは、約1年間の交換留学プログラムである。AUAPやAUGPと違い、所定の条件などがあり、選抜試験を行う。派遣先国及び地域は、アメリカインドインドネシア韓国シンガポールスロバキアタイ台湾中国ニュージーランド香港マレーシアモンゴルである。このプログラムを利用して留学する学生は、派遣先大学によって亜細亜大学または派遣先大学あるいはその両方から生活費やその他補助費が給付される。このプログラムに利用して留学する期間は休学扱いとなるため、標準の4年を超えて5年以上大学に在籍することになる。
  • AUCP
AUCP(Asia University China Program)とは、「アジア夢カレッジ-キャリア開発中国プログラム」に所属する学生を対象とした約半年間の中国留学プログラムである。4ヶ月間の語学留学に加え、8週間のインターンシップが行われる。アジア夢カレッジは経営学部経営学科、経済学部、法学部、国際関係学部の学生が参加でき入学直後に選抜試験を行う。
留学生[編集]

亜細亜大学には300人を超える留学生が在籍しており、アジア諸国からの学生が大半を占めるが、その中でも中国をはじめとする中国語圏から来た学生が特に割合が高い。今日の日本国内の他大学においても中国人留学生の割合が高いが、亜細亜大学では中国の大連外国語学院から毎年40人以上の多くの学生を3年次からの編入生として受け入れていることも挙げられる。

その他[編集]

上記のプログラム以外に外務省の在外公館派遣制度などでも「留学」の身分が与えられる事がある。

学生生活[編集]

出会いの広場[編集]

「出会いの広場」とは、入学して数日後に行われる新入生オリエンテーションである。鬼怒川で法学部、国際関係学部、都市創造学部が2泊3日、経済学部が1泊2日の合宿研修を行う。経営学部は学内で3日間実施する。この目的は、新入生同士や上級生・教員と交流し、大学生活での不安を解消させることや、建学精神や歴史、同行する先輩学生である補助学生の経験談を通して学生生活の意義について学び、新たな学生生活が円滑にスタートできるようにすることを目的としている。

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

各団体は学友会諸団体、学術文化連合会、体育会、届出団体に分かれ、亜細亜大学で活動する団体はいずれかに属さなければならない。

  • 学友会諸団体
    • 中央執行委員会をはじめとして、19の団体から構成されている。
  • 学術文化連合会(通称:文連)
    • 文化系団体の連合体であり、27団体(2019年4月現在)が所属している。
  • 体育会
    • 硬式野球部や陸上競技部など、体育系の29団体(2019年4月)が所属している。

学園祭・学生イベント[編集]

  • 学園祭は「アジア祭」と呼ばれ、毎年11月上旬に3日間程行われる。
  • 体育祭と県人会連合会による「県人祭」が5月、学術文化連合会による「文連祭」が6月に毎年それぞれ行われている。体育祭を除くいずれの祭りも、お笑い芸人によるゲストライブなどがあり、アジア祭においてはアーティストによるコンサートも開催される。

スポーツ[編集]

  • 硬式野球部東都大学野球連盟に加盟している。2015年には東都大学リーグで3季ぶりに優勝を果たした[2]。 
  • 硬式庭球部、アジア女子ローンテニス部は関東1部リーグに所属。過去には日本一にもなった事がある[いつ?]。年に一度世界大会「Futures」を主催している[3]。監督、コーチ共に元プロテニスプレイヤー。
  • 陸上競技部岡田正裕の指導により、第82回東京箱根間往復大学駅伝競走で初の総合優勝を果たし、史上14校目の優勝校となった。しかし、2007年3月に箱根駅伝優勝に導いた岡田監督が退任し、その後短期間でコロコロ監督が変わり指導体制が混乱したことや、上武大学創価大学東京国際大学といった新鋭校の台頭の影響により、第86回大会を最後に本戦出場から遠ざかっている。
  • セパタクロー部は日本国内では数少ない大学セパタクロー部。セパタクローが日本に紹介された翌年には結成されており[いつ?]日本セパタクロー協会に加盟する団体では古い組織である[要出典]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 亜細亜大学の同窓会は、「青々会」と称して、国内65の地域支部組織のほか、台湾、香港、タイ、韓国、マレーシア、中国、インドネシアなど、海外にも支部組織が広がっている。
  • 卒業生数は約9万人。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

武蔵野キャンパス[編集]

  • 使用学部:法学部、経済学部、経営学部、国際関係学部、都市創造学部
  • 使用研究科:
  • 使用附属施設:
  • 交通アクセス
    • 中央線西武多摩川線 武蔵境駅北口から徒歩12分
    • 武蔵境駅北口バス停「武蔵境駅北口」からコミュニティバス(ムーバス)の「境西循環」または「境・東小金井線」で、「亜細亜大学南門(境5丁目)」または、「亜細亜大学南門」下車、徒歩0分
    • 武蔵境駅北口バスターミナルから小田急バス「桜堤団地行(団地入口経由)」で「亜細亜大学北」下車、徒歩1分

日の出キャンパス[編集]

  • 使用学部:
  • 使用研究科:
  • 使用附属施設:グラウンドなどを始めとした施設があり、体育施設が主となるキャンパスである。一部授業も行われる。
  • 交通アクセス

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

日本国外[編集]

留学協定締結校[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 留学プログラムであるAUEPの派遣先大学でもある

関係校[編集]

直接的な系列校ではないが、学校法人五島育英会が設置している東京都市大学(亜細亜大学の理事長が、東急グループの関係者が関わったことで関係がある。そして現在も共に東急グループであり、そして東京都市大学に付属校《東京都市大学付属中学校・高等学校東京都市大学等々力中学校・高等学校東京都市大学塩尻高等学校東京都市大学付属小学校東京都市大学二子幼稚園》があることから、亜細亜大学には付属校は存在しない)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沿革”. 亜細亜大学. 2019年4月17日閲覧。
  2. ^ 東都野球連盟”. 2015年11月6日閲覧。
  3. ^ 亜細亜大学国際オープンテニス”. 2015年11月6日閲覧。

公式サイト[編集]