井狩正司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井狩 正司(いかり まさし、1916年 - 2011年)は、文学者。1934年、旧制・日本大学中学校(現・日本大学第一高等学校)卒業。元日本大学文理学部教授、元隅田川神社宮司

主な著作[編集]

  • 『平家物語:類従抄本』東京書院、1948年。
  • 『建礼門院右京大夫集』東宝書房、1956年5月。
  • 『校本建礼門院右京大夫集』東宝書房、1959年5月。
  • 『校本建礼門院右京大夫集』笠間書院、1967年4月。
  • 『更級日記』』桜楓社→おうふう、1968年4月25日。
  • 『建礼門院右京大夫集:校本及び総索引』』笠間書院、1969年(編著)。
  • 『御物本更級日記』桜楓社→おうふう、1970年。

関連項目[編集]