井沢義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井沢 義雄(いざわ よしお、1923年12月20日 - 1996年12月)は、フランス文学者、神戸大学名誉教授。 兵庫県生まれ。東京帝国大学仏文科卒。文芸評論を書いたのち、1954年神戸大助教授、教授。87年定年退官、名誉教授。ヴァレリー石川淳を論じた。

著書[編集]

  • ヴァレリイの詩 <魅惑>の訳と註解 弥生書房 1958
  • 石川淳 弥生書房 1961
  • 若きパルク ヴァレリーの詩 弥生書房 1973
  • 石川淳の小説 岩波書店 1992.5

翻訳[編集]

  • 恋愛について ロジェ・ニミエ ダヴィッド社 1954
  • 神々 アラン 弥生書房 1956
  • 人生語録 アラン 杉本秀太郎共訳 弥生書房 1960
  • 人間論 アラン 角川文庫 1963
  • ヴァレリイ詩集 弥生書房 1964 (世界の詩)
  • ヴァレリー全集 5 言わざりしこと スケッチ 底意 筑摩書房 1973
  • デカルト伝 アドリアン・バイエ 井上庄七共訳 講談社 1979.4

参考[編集]

  • 井沢義雄教授略歴,著書・訳書・論文目録「近代」1987-8