井坂義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井坂 義雄(いさか よしお、1938年8月22日 - )は、英文学者、法政大学名誉教授。

東京生まれ。1965年法政大学文学部英文科卒、1970年同大学院博士課程中退。1971年芝浦工業大学専任講師、1973年法政大学第一教養部専任講師、1974年助教授、1976年教授、2000年国際文化学部教授[1]、2009年定年退任、名誉教授。2017年4月、瑞宝中綬章を受章。

著書[編集]

  • 『逃げた白鳥 文学的デッサン100篇』栄光出版社 1971
  • 『タクラマカンの私的広がり』近代文芸社 1997
  • 『セイレムの若き文人 「陰鬱な部屋」のホーソーン』南雲堂、2013

共編著[編集]

  • 『ホーソーン文学の形成期 Twice-told talesの世界』編著 旺史社 1986
  • 『実践英語術』渡辺宥泰共編著 旺史社教科書部 1995

翻訳[編集]

  • ナサニエル・ホーソーン『トワイス・トールド・テールズ』 共訳 桐原書店 1981-82
  • ヴァン・デル・ポスト『はるかに遠い場所』サンリオ 1982

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』