井上隆明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 隆明(いのうえ たかあき、1930年12月6日 - )は、日本近世文学研究者秋田経済法科大学学長、同大名誉教授

人物[編集]

早稲田大学第一文学部卒。1987年「江戸戯作の研究 黄表紙を主として(喜三二戯作本の研究)」で早大文学博士。秋田経済大学・秋田短期大学助教授、教授、秋田経済法科大学教授、1995年から2001年まで同大学長(在任期間のうち、97年までは秋田短期大学の学長、97年以降は秋田経済法科大学短期大学部の学長を兼任)、その後福岡大学教授を務めた。

2016年現在は、学長を勤めたことのある秋田経済法科大学の後身に当たる、ノースアジア大学経済学部の教授職に就いている。

著書[編集]

  • 『秋田の今と昔』歴史図書社 1977 のち東洋書院 
  • 『文学と地方文化論』高文堂出版社 1977
  • 『落首文芸史』1978 高文堂新書
  • 『秋田古典文学史』歴史図書社 1979
  • 『近世書林板元総覧』青裳堂書店 1981 日本書誌学大系
  • 『喜三二戯作本の研究』三樹書房 1983
  • 『江戸戯作の研究 黄表紙を主として』1986 新典社研究叢書
  • 『江戸コマーシャル文芸史』高文堂出版社 1986
  • 『物語素の法則 原物語のセオリー集・原小説タイポロジー・意味素から物語素へ』高文堂出版社 1988
  • 『江戸文学への誘惑』高文堂出版社 1991 誘惑双書
  • 平秩東作の戯作的歳月 江戸天明文壇形成の側面』角川書店 1993
  • 東北の文学・秋田の文学 道奥古典ノート』秋田文化出版 2001
  • 『東北・北海道俳諧史の研究』2003 新典社研究叢書

編著[編集]

  • 『秋田民俗事典』編 秋田経済大学雪国民俗研究所 1965
  • 『文学的図像事典 象徴・寓意の解釈法』編 高文堂出版社 1981
  • 『江戸諸藩要覧』編 東洋書院 1983
  • 『秋田のうたと音楽家』編著 秋田文化出版社 1987
  • 『秋田近世の茶道』編著 書肆えん 2010 プチ秋田本シリーズ

現代語訳[編集]

参考[編集]

  • 『江戸コマーシャル文芸史』著者紹介