井上謙 (日本文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 謙(いのうえ けん、1928年(昭和3年)3月17日 - 2013年(平成25年)2月8日)は、日本近代文学研究者。

経歴[編集]

東京府生まれ。日本大学大学院、秋田県立大館鳳鳴高等学校実践学園教諭、日本大学理工学部助教授、教授を経て、1989年近畿大学文芸学部教授。99年定年退任。主として横光利一を研究対象とした。

著書[編集]

  • 『横光利一』桜楓社、1974 近代文学資料
  • 『評伝横光利一』桜楓社、1975
  • 『横光利一 評伝と研究』おうふう、1994
  • 森敦論』笠間書院、1997
  • 『東京文学探訪 大正・昭和を見る、歩く』日本放送出版協会、2002-03 NHKカルチャーアワー 文学と風土
  • 『東京文学探訪 明治を見る、歩く』日本放送出版協会 NHKライブラリー、2002
  • 『横浜・鎌倉・湘南を歩く』日本放送出版協会、2006 NHKカルチャーアワー 文学探訪
  • 『C58(シゴハチ)坂を上る』松本忠絵 銀の鈴社 銀鈴叢書、2013

編共編[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]