井上泰至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上泰至(いのうえ やすし、1961年 - )は、日本文学研究者、防衛大学校教授。博士(文学)。 京都市生まれ。上智大学文学部国文学科卒。同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1989年防衛大学校助手、1991年同講師、1995年同助教授、2007年准教授、2012年教授。2010年日本伝統俳句協会理事、2011年同常務理事。2013年国文学研究資料館客員教授。2014年、「近世刊行軍書の研究」で上智大学から、博士号取得。近世文学専攻(特に上田秋成武士の文学・人情本)。井原西鶴正岡子規高浜虚子についても手がける。

著書[編集]

  • 雨月物語論 源泉と主題』笠間書院、1999
  • 『サムライの書斎 江戸武家文人列伝』ぺりかん社、2007
  • 『〈悪口〉の文学、文学者の〈悪口〉』新典社新書、2008
  • 『江戸の恋愛作法』春日出版、2008
  • 『雨月物語の世界 上田秋成の怪異の正体』角川選書、2009
  • 『恋愛小説の誕生 ロマンス・消費・いき笠間書院、2009
  • 春雨物語 現代語訳付き』訳注 角川ソフィア文庫、2010
  • 子規の内なる江戸 俳句革新というドラマ』角川学芸出版、2011
  • 『江戸の発禁本』角川選書、2013
  • 『雑食系書架記』学芸みらい社、2014
  • 『近世刊行軍書論 教訓・娯楽・考証』笠間書院、2014
  • 『近代俳句の誕生 子規から虚子へ』日本伝統俳句協会、2015

共編など[編集]

  • 『改訂版 雨月物語 現代語訳付き』角川ソフィア文庫、2006 
  • 『江戸文学41 軍記・軍書』責任編集 ぺりかん社、2009
  • 秀吉の対外戦争 変容する語りとイメージ 前近代日朝の言説空間』金時徳と共著、笠間書院、2011
  • 『江戸の文学史と思想史』田中康二と共編、ぺりかん社、2011
  • 春雨物語』一戸渉・三浦一朗・山本綏子と共著 三弥井書店、2012
  • 『アジア遊学 日中韓の武将伝』長尾直茂・鄭炳説と共編 勉誠出版、2014
  • 『江戸文学を選び直す』田中康二と共編 笠間書院、2014
  • The Cambridge History of Japanese Literature Editors:Haruo Shirane, Tomi Suzuki, David Lurie 2015
  • 『上田秋成研究事典』秋成研究会編 笠間書院、2016
  • 『秀吉の虚像と実像』堀新と共編 笠間書院、2016
  • 『近世日本の歴史叙述と対外意識』編著 勉誠出版、2016
  • 『俳句のルール』編著 笠間書院、2017
  • 『関ケ原はいかに語られたか』編著 勉誠出版、2017
  • 『清涼井蘇来集 (江戸怪談文芸名作選)校訂代表 国書刊行会、2018
  • 『武家義理物語木越俊介・浜田泰彦と共著 三弥井書店、2018
  • 『関ケ原合戦を読む―慶長軍記 翻刻・解説』湯浅佳子と共編 勉誠出版、2018

参考[編集]

  • NHK木曜時代劇『まんまこと~麻之助裁定帳』(2015年7月~10月)の俳句を担当。
  • [1]