中川真昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 真昭(なかがわ しんしょう、1935年 - )は、浄土真宗の僧、仏教読物作家、評論家。

奈良県生まれ。龍谷大学文学部国文学科卒業後、朝日放送に勤務。テレビ、ラジオの編成、制作、報道に携わり1995年退職。大学在学中から児童文学の創作活動を行い、中川晟(あきら)の筆名で毎日小学生新聞中国小学生新聞に長期連載。奈良県浄念寺(浄土真宗本願寺派)元住職。[1]

著書[編集]

  • 『人間の中の人間 イラストとコトバによる一つのイメージ』イラスト:戸口ツトム コトバ:中川晟 むさし書房 1972
  • 『空に消えた白象 お釈迦さまのこころ』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 1988
  • 『お釈迦さま』瓜生津隆真監修 野村玲絵 中川晟文 本願寺出版社 本願寺絵本シリーズ 1992
  • 『お釈迦さまのものがたり』1-2 瓜生津隆真監修 野村玲絵 中川晟文 本願寺出版社 1993-95 本願寺絵本シリーズ
  • 『草むらの小さなひとみ』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 1994 ほとけさまのまなざし
  • 『飛びつづける旅人』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 1995 ほとけさまのまなざし
  • 『五百人目の子ども』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 1997 ほとけさまのまなざし
  • 『いのち見つめて』本願寺出版社 1999
  • 『おいしい木の実のなぞ 仏典童話』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 2000 ほとけさまのまなざし
  • 『とくとくとく』中川晟作 烏頭尾忠子絵 本願寺出版社 2002
  • 金子みすゞいのち見つめる旅』本願寺出版社 2003
  • 田上菊舎 女流俳人 いのちを歩く・やさしさを見つめる』本願寺出版社 2003
  • 『泣いたのは、だれだ 仏典童話』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 2004 ほとけさまのまなざし
  • 『"夕ぐれ"につかまったオニ 仏典童話』中川晟作 山形皓三絵 本願寺出版社 2004 ほとけさまのまなざし
  • 『いのちやさしくあたたかく 恵信尼さまのおてがみ』中川晟文 小西恒光絵 探究社 2005
  • 『歩いてきた道 安藤勇寿「少年の日」画集』中川晟文 本願寺出版社 2007
  • 『人が生きる根を育てる 東井義雄さんの軌跡』本願寺出版社 2007
  • 『いのちの音がきこえる 鈴木章子さんの四十七年』本願寺出版社 2009
  • 『お釈迦さまのものがたり 3 あわのかんむり・草むらのなかのひとみ』中川晟文 福田紀子絵 本願寺出版社 2013 本願寺絵本シリーズ

監修[編集]

[編集]

  1. ^ 『お釈迦さまのものがたり 3』著者紹介