上田真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上田 真(うえだ まこと、1931年5月20日 - )は、日本文学研究者で、スタンフォード大学の日本文学名誉教授。兵庫県生まれ。1962年ワシントン大学大学院博士課程修了。トロント大学教授、のちスタンフォード大学教授。日本の詩歌が専門で、特に俳句短歌川柳について多くの著書がある。比較文学でPh.D.を取得(1962年)。

著作[編集]

  • Matsuo Basho: The Master Haiku Poet (1970)
  • 日本の文学理論 明治書院 1975 (国文学研究叢書)
  • Modern Japanese Haiku, an Anthology (1976)
  • Modern Japanese Writers and the Nature of Literature (1976)
  • 蛙飛びこむ 世界文学の中の俳句 明治書院 1979.5
  • Modern Japanese Poets and the Nature of Literature / Stanford University Press 1983.
  • Explorations: Essays in Comparative Literature (1986)
  • Basho and His Interpreters: Selected Hokku With Commentary Stanford University Press(1992)
  • Far Beyond the Field: Haiku by Japanese Women (2003)
  • The Path of Flowering Thorn: The Life and Poetry of Yosa Buson Stanford University Press (1998).
  • Light Verse from the Floating World: An Anthology of Premodern Japanese Senryu Columbia University Press (1999) (electronic book)
  • Dew on the Grass: The Life and Poetry of Kobayashi Issa Brill(2004)

共編著[編集]

  • The Mother of Dreams and Other Short Stories : Portrayals of Women in Modern Japanese Fiction Kodansha International 1986. (「母六夜」大岡昇平
  • 終わりの美学 日本文学における終結 山中光一共編 明治書院 1990.3 国文学研究資料館共同研究報告 日本文学の特質 2
  • Modern Japanese Tanka : an anthology / Columbia University Press 1996.
  • Far beyond the Field : Haiku by Japanese Women : an Anthology / Columbia University Press c2003.

関連項目[編集]