上村悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上村 悦子(うえむら えつこ、1908年10月11日 - 1999年2月12日)は、国文学者日本女子大学名誉教授

京都市生まれ。1933年日本女子大学校大学本科文学部国文学科卒業。1943年母校教員。1948年日本女子大学専任講師、1949年助教授、1958年教授。1964年「蜻蛉日記 校本・書入・諸本の研究」で名古屋大学文学博士。1977年日本女子大を定年退任、名誉教授、東洋女子短期大学教授、図書館長。1986年退職。王朝女流文学、特に『蜻蛉日記』を専門とした。1982年勲四等宝冠章、没後従五位

著書[編集]

  • 万葉集名歌 現代語訳と鑑賞 拓文社 1953
  • 万葉名歌 現代訳と鑑賞 河出新書 1956
  • 蜻蛉日記 校本・書入・諸本の研究 古典文庫 1963
  • 蜻蛉日記の研究 明治書院 1972
  • 教授のらくがき 三月書房 1975
  • 王朝女流作家の研究 笠間書院 1975
  • 万葉集入門 講談社学術文庫、1981
  • 蜻蛉日記解釈大成 全9巻 明治書院 1983-1995
  • 赤染衛門 王朝の秀歌人 新典社 1984.7 日本の作家
  • 和泉式部の歌入門 笠間書院 1994.10

編著[編集]

  • 論叢王朝文学 笠間書院 1978.12
  • 類聚国史索引 笠間書院 1982.3

訳注[編集]

記念論集[編集]

  • 王朝日記の新研究 上村悦子先生頌寿記念論集編集委員会編 笠間書院 1995.10