ワーカーズ・ダイジェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワーカーズ・ダイジェスト
著者 津村記久子
発行日 単行本:2011年3月25日
文庫版:2014年6月25日
発行元 集英社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
文庫版:文庫判
ページ数 単行本:200
文庫版:224
公式サイト 単行本:ワーカーズ・ダイジェスト 単行本 集英社
文庫版:ワーカーズ・ダイジェスト 文庫版 集英社
コード 単行本:ISBN 978-4-08-771395-4
文庫版:ISBN 978-4-08-745200-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ワーカーズ・ダイジェスト』は、日本の小説家津村記久子による小説である。

小説すばる』で2010年9月号から11月号まで連載された「ワーカーズ・ダイジェスト」の他に、 同誌の2008年4月号に掲載された「オノウエさんの不在」を収録した単行本『ワーカーズ・ダイジェスト』が、2011年3月25日に集英社より刊行される[1][2]。単行本の装幀は、名久井直子による。単行本の装画は、山城えりかによる[3]

2011年、第28回織田作之助賞を受賞する[4]。文庫版は、2014年6月25日に集英社文庫より刊行された[5]

あらすじ[編集]

ワーカーズ・ダイジェスト
奈加子は、大阪にあるデザイン事務所に勤務する傍ら、副業としてライティングの仕事を受けもっている。重信は、東京でナカセガワ工務店という建設会社に勤務している。12月のある日、奈加子は、社長の代理で出向いた打ち合わせで、大阪まで出張してきた重信と出会い、話をするうちに、2人とも翌月の4日に32歳になることを知る。別れた後も、2人はふとした折にお互いのことを思い出す。
オノウエさんの不在
土木・建築関係の会社に勤務しているサカマキは、かつて先輩のオノウエから仕事を教えてもらったこともあり、オノウエのキャリアを模範としているようなところがあった。しかし、サカマキはある日、オノウエが会社でのけ者にされているらしいという噂を耳にする。

主な登場人物[編集]

ワーカーズ・ダイジェスト
佐藤奈加子
デザイン事務所の社員。
佐藤重信
建設会社の社員。
オノウエさんの不在
サカマキ
土木・建築関係の会社の社員。
オノウエ
土木・建築関係の会社の社員。

書評[編集]

作家の稲葉真弓は、「湿っぽさのない文章に2人の生き方が表現されている」[6]と評価している。文芸評論家の田中和生は、「日常の小さな喜びが丁寧に描かれている」[6]と評価している。小説家の西加奈子は、「私は、津村作品の魅力は『おもろい、かっこいい、シャイ』の三つが柱で、その土台にあるのが『優しさ』だと思っています。この『ワーカーズ…』も、まさにその三本柱の魅力が発揮されている作品だと思う」[7]と評価している。

大谷大学のウェブページには、「働く男女の葛藤を積み重ねるように丁寧に描き出し、その中に現代の社会背景を浮かび上がらせている」「津村さんはこれまで働く女性の視点で書き続けてきたが、今回の男性の主人公は新たな挑戦。男女の視点がそろったことで、今の日本社会の側面をあぶり出した」[8]との評価が掲載されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワーカーズ・ダイジェスト』 2011.
  2. ^ ワーカーズ・ダイジェスト 単行本”. 集英社. 2019年5月12日閲覧。
  3. ^ 『ワーカーズ・ダイジェスト』 2011.
  4. ^ これまでの織田作之助賞受賞作一覧”. 大阪文学振興会. 2019年5月12日閲覧。
  5. ^ ワーカーズ・ダイジェスト 文庫版”. 集英社. 2019年5月12日閲覧。
  6. ^ a b 織田作之助賞に津村さん 働く30代男女の現実描く”. 大阪日日新聞 (2011年12月13日). 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月12日閲覧。
  7. ^ ワーカーズ・ダイジェスト 津村記久子×西 加奈子 対談”. 集英社. 2019年5月12日閲覧。
  8. ^ 本学卒業生・津村記久子さんが第28回織田作之助賞を受賞!”. 大谷大学 (2011年12月13日). 2019年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 津村記久子『ワーカーズ・ダイジェスト』集英社、2011年3月。 ISBN 978-4-08-771395-4